未分類

「ボジョレーヌーボー解禁!」

Pocket

「今年のボジョレーヌーボー解禁」
「ボジョレーヌーボーとは?」
「ワイン」
「日本での人気」
「まとめ」

「今年のボジョレーヌーボー解禁」

2021年11月18日、ボジョレーヌーボーの販売が解禁されました。
毎年、11月の第3木曜日午前0時に解禁と決められているボジョレーヌーボーは多くのワイン愛好家からも人気のある一品です。
毎年のワインの出来を品定めするという意味もあるボジョレーヌーボーは、その年の気候や作り手の想いが込められた最高のワインになっています。
1年ごとに味が違うので、その年にあった気候などが味で感じられます。

また、ワインの本場であるフランスでも上記同様の日にちに販売なので、日本では日付変更線の関係より、8時間早く飲むことができるとのことでした。

「ボジョレーヌーボーとは?」

ボジョレーヌーボーとは、フランスのブルゴーニュ地方で造られているワインのことです。
ブルゴーニュ地方はワイン産地として知られ、1年中美味しいワインを楽しめる地域としても有名です。

ボジョレーヌーボーの、ヌーボーはフランス語で「新しい」という意味だそうで、その年に収穫した葡萄を使って造るワインとのことで、新酒を意味します。
毎年のワインの出来を、ボジョレーヌーボーで品定めする人もいるそうで、重要な指標になっています。

また、ボジョレーヌーボーや、ボージョレヌーボーなど、呼び方や表記が違うことがありますが、意味は全て同じなため、どれも間違いではなさそうです。

「ワイン」

ボジョレーヌーボーの種類は様々あるそうですが、基準となるのはボジョレーヌーボーのランクということでした。

ランクには4段階あり、上から、
「クリュ・ドゥ・ボジョレー」、「ボジョレー・ヴィラージュ」、「ボジョレー・スペリユール」、「ボジョレー」の4つです。
上級にもなるとその造りのこだわりは多く、厳選された産地の葡萄のみしか使わず、その基準も高く設定されているそうです。

なお、贈答品として購入する場合は、「ボジョレー・ヴィラージュ」以上のランクが良いそうです。

ワインの表記にも注目です。
深い味わいでコクのあるワインが良い人は、「VV」という文字が記載されているワインを購入した方がコクのあるワインを楽しめるということでした。
「VV」の意味は、樹齢30年以上の古い葡萄の木から作られたワインとのことでした。

飲みやすく、かつ深みのあるその味を是非一度お試しください。

「日本での人気」

ボジョレーヌーボーは、なぜこんなにも注目され人気なのか?
単刀直入にいうと、実はボジョレーヌーボーの輸入は大半が日本とのことで、日本しかここまで注目していないとのことでした。

その理由は、前述したフランスよりも8時間早く飲めるから、という理由で注目されたのが現代まで受け継がれたという理由がありました。

また、ボジョレーヌーボーという意味は、新酒という意味で、その年の味を見極めるもの。
つまり、世界の多くは、見極める人くらいしか飲まない、とのことなんです。

「まとめ」

今回は、ボジョレーヌーボーの解禁についてまとめました。
ボジョレーブーボーの歴史は古く、その起源を辿るとなぜ人気だったのか、そして世界を見てみると日本のみが注目していたことが分かりました。
その年の葡萄が良いかどうかの判定されるワインとして造られているボジョレーヌーボーは、一般の人が飲むのにふさわしくはなく、海外ではあまり市場には出回らないとのことです。
しかし、毎年日本では人気のあるワインに間違いはなく、皆さん楽しまれています。
歴史はともあれ、今のボジョレーヌーボーの味を楽しみながら、気になる方は是非チェックしてみてください。