スポーツ

『大谷翔平MVP獲得!』

Pocket

この記事では以下について書いています。

「MVP獲得」
「MVP」
「日本人初」
「大谷翔平」
「まとめ」

それでは見ていきましょう!

「MVP獲得」

2021年11月19日にメジャーリーグでMVPが発表されました。
それを獲得したのが日本人の、大谷翔平選手です。
日本人では過去にイチローさんが受賞したことがあり、その偉業を鮮明に覚えている方もいるのではないでしょうか?

今回、大谷さんがMVPに選ばれたことで日本人では、イチローさん以来の20年ぶりの2人目の快挙となり、さらに満票選出ということでも注目されました。
満票選出は、全米野球記者協会の票を持った会員たちが30名、全員1位投票するもので、2015年にブライスハーパーさん以来の6年ぶり、19人目ということで、大谷さんが歴史に名が刻まれた瞬間を見ることができて非常に嬉しいですよね。

今回の受賞で、日本だけではなく、世界が注目しており、世界規模でのビッグニュースとなりました。

「MVP」

今年のシーズンを振り返り、最優秀選手を決めるMVPは、全米野球記者協会の会員が30人投票し、決まるもので、毎年誰がMVPになるのか注目されています。

今年は、なんと言っても大谷翔平選手は、その活躍を知らない人はいないほどに、ご活躍されていましたよね。
打者で46本塁打、100打点、26盗塁、さらに3盗塁は両リーグ最多タイの8本。
投手では9勝2敗と、好成績でした。
投げて、打って、走る、という野球の全てを1人でしてしまうその姿に日本のみならず、アメリカなどの海外でも「オオタニコール」が起こるほど、大人気となり、その偉業を誰もが認めていました。

コロナ禍での暗いニュースの中、大谷さんの活躍のニュースに明るい気分も取り戻した人もいますよね。

「日本人初」

そんな記録や、偉業尽くしの大谷さんですが、これで8冠ということらしく、
選手間投票の「年間最優秀選手」、
「アメリカン・リーグ最優秀選手」、
専門誌『ベースボール・アメリカ』の「年間最優秀選手」、
専門誌『ベースボール・ダイジェスト』の「野手部門最優秀選手」、
「コミッショナー特別表彰」、
老舗メディアサイト『スポーティング・ニュース』の「年間最優秀選手」、
「シルバースラッガー賞」、
そして、今回の「MVP」で、8冠です。
見事なまでに、記録尽くしの大谷さんですが、早くも、来季の活躍に期待を寄せている解説者やファンの方もおり、大谷さんにはプレッシャーを感じないように普段通りでプレーしていただければと思いました。

「大谷翔平」

今後、大谷翔平選手は、「オールMLBチーム」でも、先発投手と指名打者の2部門で最終候補に選出されています。
これは、誰も成し遂げたことのない、ダブル受賞に期待が掛かっているとのことで、全世界が注目する発表となりそうです。
発表は、日本時間で24日にされるそうなので、日本人選手である、大谷さんの活躍を期待してその時を待ちましょう。

見事、ダブル受賞をすれば、10冠の更なる偉業です。
世界が沸くことも間違いなしでしょう。

「まとめ」

今回は、大谷翔平選手のMVP獲得についてまとめました。
日本人では、イチローさん以来の20年ぶり2人目の快挙となり、世界でも注目されています。
投げる、打つ、走るの野球ならではを1人でしてしまう大谷さんは今回のMVPで8冠という偉業を成し遂げ、確実に歴史に名を刻みました。
今後も、受賞が期待されているものがあるので、日本時間の24日に期待してその時を待ちましょう。
記録、実績、共に世界最高のプレーヤーであることを見せつけた大谷さんは、早くも来季の活躍に期待を持つファンの方たちがおり、今年の大谷選手を越えるのは来季の大谷選手だけだ、との意見もあり、SNS上でも賑わいを見せています。
その活躍が途切れることがないように、これからも応援していきましょう。