2020ドラマ

35歳の少女7話ネタバレ!あらすじと感想評判を紹介!

この記事は、35歳の少女7話ネタバレ!あらすじと感想評判を紹介!と題してお届けしていきます!

「35歳の少女」の最新話7話のネタバレ&あらすじ、そして、感想紹介ページです。

ネタバレが好きでない方はあらすじまで見ていってくださいね!

35歳の少女のあらすじをふまえ、ネタバレ紹介と7話に寄せられた感想も合わせて紹介していきます!

35歳の少女7話のネタバレ!

2020年11月21日(土)に放送された35歳の少女7話

望美は、多恵を置いて結人と一緒に家を出てしまいました。この後の展開が気になりますね。

早速、35歳の少女のあらすじに合わせ、ネタバレを見ていきましょう。

35歳の少女7話あらすじ

望美(柴咲コウ)は喧嘩別れしてしまった家族のことが内心気になりつつも、これからは結人ゆうと(坂口健太郎)のために生きようと決める。

しかし、両親に挨拶させてほしいと頼む望美に、結人は家族とは縁を切ったと濁す……。

一方、家庭内別居状態が続く進次(田中哲司)は、加奈かな(富田靖子)から離婚届を突きつけられる!

さらに、謎の大金を手にした達也(竜星涼)は本当の父親に会いに行ったと言い……。

そしてデザイナーとして就職先の見つからない愛美(橋本愛)は、鉢合わせた相沢(細田善彦)と藤子(大友花恋)から結婚の報告を受け荒れていた。

教師としての理想を叶えられる小学校を見つけられない結人は人知れず追い詰められていた。

そんな中、アナウンサーの夢を諦め洋食屋でアルバイトを始めた望美の元に多恵(鈴木保奈美)が現れる。

“普通の人生”を歩もうと焦る心の内を見すかされながらも、多恵の前で強がる望美。多恵は、“結人が望美の気持ちを受け止められなくなる”と、不吉なことを言い残す。

その日、再び両親に紹介してほしいと頼まれ根負けした結人は、望美を連れて実家へ。そこで望美は、今まで知らなかった結人の家族関係を目の当たりにする……。

引用:https://www.ntv.co.jp/shojo35/story/07.html

結人、余裕がなくなる

望美は、結人の家族が気になる。

望美は、これからは結人のために生きようと思う。

本当の父に会いたいと行ったと言った達也は、金を要求しに来たと勘違いし、さらに荒れてしまった。

望美は、結人の力になるため、アルバイトを始めた。

しかし、多恵が来て、「普通に生きる」ことをしようとしたことを見抜かれ望美は、結人の両親に会いたいと頼んだ。

実は結人の父と母は仲が悪い。

寝たきりの父の介護をヘルパーに任せ、早く死んでほしいと思う母を、遺産目当てだといじめる父の関係にいやになっていた結人。

ずっと縁切り状態だった。

家族関係を知った望美は仲直りさせようとするも、結人とけんかになる。

妥協を許さない望美の信頼に、結人は少し余裕がなくなっていった。

愛美が酒に酔ってトラブルを起こす

そのころ、婚活に興味を持った愛美は、再び酒に酔ってトラブルを起こす

時岡家に送られ目を覚ました愛美に、多恵は家族を家に集めるよう言った。

望美が孤独になる

足取りが重く時岡家を訪ねた望美たちに、多恵は突然、家を売るといった。

25年もの間に変わり果てた家族を見て、がっかりした望美は、再び言い争いをする。

みんな一体何やってたの?私が眠っている間に。

いつまでも未練たらしく過去振り返ってないで、未来に目を向けたら?

みんなつらい思いしたのは全部私のせいみたいなこと言ってたけどさ、25年も時間を無駄にしてきただけじゃない!

みんなが無駄にした時間、あたしに頂戴!

と言って、時岡家を出ていった。

望美はアパートに帰ると、結人が自分の教育方針を否定するような小学校に就職したとわかる。

望美のために結論を出したという結人の言葉に希望をなくし、望美は荷物をまとめて結人のアパートを去っていった。

望美は一人になる…。

35歳の少女7話のみんなの感想と評判

https://twitter.com/kazuya93chou/status/1330163495346769920?s=20

35歳少女にはまっている方が結構いらっしゃいます。

まとめ

35歳の少女7話ネタバレとあらすじ、感想の紹介をまとめていきます!

35歳の少女7話ネタバレとあらすじはいかがでしたでしょうか?

寄せられた感想を見ると、はまった!との声が多く寄せられていました。

次回の放送が今から待ち遠しいですね~!