最旬ブログ
My Natural Garden & Cafe
スポーツ

まずはこれ!フットサル初心者のための【基本の練習方法】

こんにちは!

この記事ではフットサル初心者がまず行いたい練習方法をご紹介します。

なんでもそうですが、新しく始めることに対して不安や迷いというものはつきものであり、何から取り組んでいいか困ってしまいますよね。

その悩みを解決するのが初心者が行うべき基本の練習方法です。

この基本の練習を続けていければ、応用として華麗なテクニックを披露できるような基本的なことを身につけることができるはずです。

そしてなによりあなたの思い描いたプレーでフットサルを楽しめるようになると思いますので、ぜひ基本の練習方法をマスターしてくださいね。

フットサル初心者の【基本】練習方法①ボールタッチ

フットサルボールってサッカーボールに比べて一回り程サイズが小さいんですよね。なので正確なボールコントロールというものが必要になってきます。

特に試合では【止める・蹴る】といった基本的な動きの連続ですので、フットサルを上達するためにはまず自在に操れるボールコントロールを身につける必要があります。

そこで基本の練習方法①ボールタッチです。

ボールタッチはボールを正確にコントロールする練習に最適です。基本練習というだけあって練習方法はただ足でボールに触れるというシンプルなものです。ボールの大きさや重さの感覚を確かめながら、できるだけ数多く両足でボールに触れることで、ボールタッチ技術が向上していき、自然と初心者でもボールを足で扱うことに慣れてくるはずです。

そしてこのボールタッチはその名の通りボールにタッチするだけなので、特定の場所を選ばずに練習を行えます。近所の公園やグランド等はもちろんですが、例えば自宅でテレビを見たりしながらの「ながらトレーニング」が出来ます。

『ボールは友達』精神をもって、常に近くにボールがある状態を作っておけば、自ずとあなたのボールタッチ技術は向上するはずです。

フットサル初心者の【基本】練習方法②トラップ

トラップとは自分の手以外の体でボールを受け止めてコントロールする技術です。

ファーストタッチでもあるトラップは、次につながるプレーへの精度を決めるものです。また、フットサルはサッカーに比べコートも狭いので、正確なトラップによってボールを確実に足元に保持する必要があります。

そのためフットサルでは足裏でボールを止めるトラップが多用されます。足裏でのトラップは片足でバランスを取る必要が出てくるため、最初のうちは難しく感じるかもしれませんが、トレーニングをして慣れていきましょう。

ボールのスピードや距離によって経験者でも正確なトラップは難しいものがあります。ですので初心者の方は焦らずに基本をマスターすることに集中して取り組んでくださいね。

基本の練習方法②トラップです。

まず、2人で5mほど離れて向かいます。その状態で相手にパスを出してもらい、そのボールを足の裏でトラップします。このトラップ練習は、このあと紹介するパス練習にも使えるもので、トラップとパスを同時に練習できるものです。
これに慣れてきたら、次は2人の間隔を少しずつ離していきましょう。先ほどと同じように相手にパスを出してもらい、最初の位置からパスに向かって走っていって足の裏でトラップしましょう。静止している時と違い、動いている状態での足の裏でのトラップは初心者にはなかなか難しいです。最初は、ゆっくりと歩くくらいのスピードのトラップから徐々に慣れていくようにしましょう。

トラップ一つを見るだけで、この人は上手いプレーヤーだとわかったりします。やはり基本的なことが出来ていると次のプレーへの選択肢も増え、活躍するプレーヤーになれるはずです。

ぜひトレーニングを継続して、足元にピタッと止めることができる理想のトラップ技術を向上させましょう。

フットサル初心者の【基本】練習方法③パス

フットサルはフィールドプレーヤー4人、ゴールキーパー1人の5人1チームです。

そしてなによりコートがサッカーコートに比べると約1/9サイズになります。試合をする際は1チーム5人なので、10人がコート上にいるため、非常に狭いです。

そのためサッカーに比べ、スペースも十分あるわけではないため、ドリブル突破というものが難しくなってきます。そこで正確なパスが重要になってきます。

基本の練習方法③パスです。

トラップ練習と同様の形で行えます。最初は5mほど離れて向かい合い、片方の人がボールを止めて蹴ってパスを出し、もう片方の人がそのパスを足の裏できちんとトラップします。トラップしたら、また相手にパスを出すということを繰り返します。

大事なことは相手が動かなくてもトラップできるように正確なパスを出すことです。もっというと相手がボールを処理しやすいように相手の足元に出すようにパスします。これに慣れてきたらパスのスピードを上げたり、浮いたパスなども取り入れるといいですね。また左右どちらの足でも正確にパスを出せるようになるとプレーの幅が広がりますので、ぜひ両足使いになってください。

このパス練習ではインサイドキックという蹴り方を使った方法を紹介しました。一番正確なパスが出せるキックがインサイドキックで、一番多く使うキックなので、フットサル初心者は思い通りに蹴れるようになるまでひたすらトレーニングしていきましょう。

キックの種類は別記事で紹介しています。参考にしてみてくださいね。

【初心者のための蹴り方特集】状況に応じて使いこなそう!こんにちは! フットサルやサッカーの基本となる蹴り方はどのような種類があるかご存じですか?厳密に言うと、何種類あるよと答えることは...

 

まとめ

今回はフットサル初心者がやるべき基本の練習方法を紹介させていただきました。

①ボールタッチ

②トラップ

③パス

まずはやってみる。そして継続することで、基本をマスターしていってくださいね。

何事も基本が大事です。この記事があなたのフットサル上達のお役に立てると嬉しいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。