最旬ブログ
My Natural Garden & Cafe
生活

花粉症対策は準備万端?おすすめセルフケアやグッズ【2020】

花粉症対策は準備万端?おすすめセルフケアやグッズ【2020】

日本気象協会によると、2020年の春の花粉(スギ・ヒノキ、北海道はシラカバ)の飛散開始時期は、早いところで2月10日前後との発表がありました。

近畿や関東では、わずかな飛散がすでに確認されている場所もあり、早めの対策を呼びかけています。

季節を問わず一年中、飛散している花粉ですが、特にこの時期はつらいですよね。

花粉アレルギーの人は花粉に対して敏感になっているため、少しの花粉でも鼻水、鼻づまり、くしゃみ、目のかゆみなどの花粉症の症状がすぐにでてしまいます。

今回は【花粉症対策は準備万端?おすすめセルフケアやグッズ【2020】】と題してみていきたいと思います。

早めの対策をして、少しでも症状を軽くしていきましょう。

ぜひ、最後までご覧ください。

花粉症 今日から始める簡単セルフケア

まずは基本のセルフケアの紹介です。

花粉症には早めの対策も必要ですが、自分で行うセルフケアも有効になってきます。

1つ目は食生活です。

簡単なようで難しい正しい食生活。

アレルギーの症状を軽くするためには、ご存じの通り規則正しい食生活が重要です。

当たり前ですが、暴飲暴食は避け、お酒やお菓子は控え目にして体に負担をかけないようにしていくとが大切です。

また、体に冷たすぎない常温などのお茶や野菜をたくさんとり、栄養バランスのいい食事をの心がけが必要です。

2つ目は花粉を寄せ付けない習慣を作ること。

外出した際の帰宅後は、玄関前で服についた花粉を払い落としてから室内に入ることや、うがいや洗顔で、花粉を洗い流すと効果的です。

また、室内においては花粉シーズンにはドアやサッシをしっかりと閉めて外からの花粉の侵入を防ぐこと。

外から持ち込まれた花粉を除去するためにも、こまめな掃除を心がけましょう。

その際の掃除は、掃除機を使うのではなく、できれば拭き掃除がおすすめです。

極力花粉が舞い上がらないようにすることが大事です。

そして、服装はできるだけツルツルとして凹凸のない素材の服を選ぶのが良さそうです。コートなど、一番上に着るものは特に注意が必要です。

最後に寝具ですが、花粉シーズンは布団は外に干さず、布団乾燥機などを使うようにしましょう。

どうしても干したい場合は、花粉の飛散量の少ない午前中がベスト。

3つ目は花粉症対策グッズを使うこと。

外出先では花粉が顔に触れないように帽子やマスク、さらにサングラスやメガネをかけるようにすることで花粉をガードしましょう。

家の中では空気清浄機をかけて花粉の飛散を防ぐのもいいですね。

花粉症 症状別でのケア方法

花粉症のケアとして症状別でみていきたいと思います。

【目の症状】

まずは、タオルで冷やす。

それでもつらい場合は、点眼薬の使用です。

点眼薬は2種類あります。

・抗アレルギー点眼薬

(特徴)
花粉によるアレルギー反応の元を抑えるため、花粉による目のかゆみの発生を起こりにくくする。花粉飛散の1~2週間前から使用できるものもある。

・抗ヒスタミン点眼薬

(特徴)
花粉などによるアレルギー反応で目のかゆみを引き起こすヒスタミンの働きを抑える。抗アレルギー点眼薬に比べて花粉飛散ピーク時にも比較的早く対応可能。

購入の際は、薬局で症状を相談されてくださいね。

【鼻の症状】

鼻の症状、ムズムズしたり、鼻水はかなりつらいですよね。

花粉症の季節は会社の生産性も低下するとも言われていますよね。

鼻の症状に対する内服薬です。

・第1世代抗ヒスタミン薬

(特徴)
・花粉飛散ピーク時の症状がつらい時期の使用も効果的。
・くしゃみ・鼻水を抑える。
・眠気や口の渇きなどの副作用は第2世代抗ヒスタミン薬に比べ現れやすく注意が必要。

・第2世代抗ヒスタミン薬

(特徴)
・花粉飛散シーズン初期の症状が軽い時期からの使用が効果的。
・第1世代抗ヒスタミン薬と比べ、鼻閉に対しても有効で効果に優れる、副作用が少ない、抗アレルギー作用(アレルギー症状の発生を抑える)があることが特徴。

一度症状が出てしまうと鼻の粘膜がどんどん敏感になり、悪化していき、症状がひどくなるようですので、早めの対策が必要ですね。

花粉症対策 見えないマスクとは?

花粉症対策でマスクを使用する方は多いですよね。

そんなマスクはマスクでも、「見えないマスク」をご存じでしょうか?

暑いときのマスクが不快!

他の人が風邪で予防でマスクしたいけど気を遣ってしまう!

接客業でマスクをしたままはちょっと

という方におすすめなのがこの見えないマスクです。

最近では、バラエティ番組「タモリ倶楽部」や朝の情報番組「グッとラック!」(などでも取り上げられたのが、バイオインターナショナルの「ノーズマスクピット」

ノーズマスクピットは従来の顔を覆うタイプのマスクとは異なり、鼻に差し込むタイプのマスクで、「ノーズマスク」や「ノーズピット」とも呼ばれています。

専用のフィルターの効果により、飛沫ウイルスや花粉、ハウスダストなどが鼻から侵入するのを防いでくれる

まさに進化系マスクの登場です。

商品によっては豊富なサイズ展開のものや、使い捨て、洗って繰り返し使えるタイプなどバリエーションが豊富なのも特徴です。

話題の見えないマスクはこちら▽

見えないマスクノーズピットが話題!花粉症対策や予防に効果あり?見えないマスクノーズピットが話題!花粉症対策や予防に効果あり? 日本気象協会によると、2020年の春の花粉(スギ・ヒノキ、北海道はシラ...

人気商品の中から、ぜひ自分に合ったものを探して花粉症対策に役立ててみてくださいね。

まとめ

今回は【花粉症対策は準備万端?おすすめセルフケアやグッズ【2020】】というテーマでお伝えしてきました。

つらい時期の到来ですが、例年に比べて飛散量は少ないとの予想ですが、油断はできません。

セルフケアを中心に、自分に合った花粉症対策をみつけて、早めの対策を心掛けていきましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。