最旬ブログ
My Natural Garden & Cafe
映画

「ふりふら」朱里役で主演は浜辺美波!その他実写映画キャスト陣は?

「ふりふら」朱里役で主演は浜辺美波!その他実写映画キャスト陣は?

咲坂伊緒さんによる少女マンガ『思い、思われ、ふり、ふられ』(略称、ふりふら)が、2020年にアニメと実写で“W映画化”決定しました。

咲坂さんのマンガを三木孝浩監督が映画化した本作は、4人の高校生の恋模様をみずみずしく描く青春ラブストーリー。

コミックも累計発行部数450万部を突破し、人気のある作品となっていますので、今回の実写化とアニメは楽しみにされている方も多いと思います。

恋愛に積極的だが本当の感情を出すことが苦手な山本朱里役を浜辺美波さんが演じます。

映画公式サイトでは作者の咲坂伊緒さんが、両映画に脚本のプロット段階から関わっていると明かしており、マンガの実写化に不安を抱くファンの間でも安心感が広がっているようです。

今回は【「ふりふら」朱里役で主演は浜辺美波!その他実写映画キャスト陣は?】と題してみていきたいと思います。

ぜひ、最後までご覧ください。

『思い、思われ、ふり、ふられ』朱里役で主演は浜辺美波!

 


『思い、思われ、ふり、ふられ』朱里役で主演は浜辺美波さん。

今大活躍中の浜辺美波さんは2008年8月29日生まれの女優で、2011年に「東宝シンデレラ」でニュージェネレーション賞を受賞し芸能界入りしました。

2017年の映画『君の膵臓を食べたい』でヒロイン役を演じ、第42回報知映画賞新人賞を受賞、第41回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞、などの輝かしい経歴を持っています。

ルックスや可愛いだけではなく、演技力も高く評価されていますので、ドラマやCMの出演も多く、これからの映画業界に欠かせない存在となっています。

浜辺さんが快活な性格である主人公の朱里を演じます。

以前から原作のファンだったという浜辺さん。

「朱里として、1度しかない青春を必死に、駆け抜けたい」とコメントしています。

また、『君の膵臓を食べたい』で共演した北村匠海さんに対しての印象を「最初にご一緒した時から雰囲気が変わらず安心感がある」と語っています。

『思い、思われ、ふり、ふられ』実写映画キャスト陣

『思い、思われ、ふり、ふられ』実写映画キャスト陣を紹介していきます。

山本理央 役

山本理央は、朱里と同い年で彼女の義理の弟。

イケメンで女子からモテモテであり、来るもの拒まずの男子。

由奈は彼に恋心を抱くようになりますが、実は彼は義理の姉である朱里にひそかに恋心を持っているのでした。

果たして由奈の恋心の行方やいかに。

この山本理央役を演じるのが北村匠海さんです。

北村匠海さんは1997年11月3日生まれの俳優で歌手やモデルなど、幅広い分野で活躍しています。

小学3年生のころにスカウトされ「スターダストプロモーション」に所属、モデルや俳優としてのキャリアを積む。

ダンスロックバンド「DISH//」でギターボーカルを務めるなど、俳優業以外にも活躍の幅を広げておりマルチな才能を発揮しています。

2019年は映画『十二人の死にたい子どもたち』や『君は月夜に光り輝く』などに出演し、着実に人気俳優への道を進んでいます。

北村さんは本作での役作りに関して「言葉とは裏腹の気持ちをとにかく大事にした」とコメントしています。

市原由奈 役

市原由奈は「ふりふら」のもう一人の主人公。

少女漫画で描かれるような恋愛に憧れる、消極的な女の子です。

価値観も性格も正反対の朱里との仲を深めていき、彼女の弟である理央に恋心を抱きます。

そんな市原由奈役を演じるのは福本莉子さんです。

福本莉子さんは2000年11月25日生まれの女優で、主な出演作品は2019年テレビドラマ『僕の初恋をキミに捧ぐ』、2018年映画『のみとり侍』、映画『センセイ君主』などがあります。

テレビや映画だけでなく、ミュージカルや声優にも挑戦しており、多方面で経験を積んでいます。

福本さんは2016年「東宝シンデレラ」オーディションでグランプリを受賞した期待の新人女優です。

また、女優業だけでなく、2018年テレビアニメ『ひそねとまそたん』で声優デビューを果たしています。

福本さんは由奈を演じるにあたって、「私が演じた由奈ちゃんは人見知りで自分に自信が持てない女の子ですが、まっすぐな芯を心の中に秘めているので、その純粋さやまっすぐさを大切に演じました」とコメントしています。

福本莉子さんについてこちらも▽

福本莉子(東宝シンデレラ)インスタ顔画像がかわいい!CMや歌声も福本莉子(東宝シンデレラ)インスタ顔画像がかわいい!CMや歌声もすごい 福本莉子さんは人気映画やドラマにと出演されていて、今注目されて...

乾和臣 役

乾和臣は由奈の幼馴染で、由奈が唯一なんでも親しく話せる相手です。

性格は天然で恋愛には興味を持っていませんが、キザなセリフをはっきりと言って朱里をドキドキさせます。

そんな乾和臣役を演じるのは赤楚衛二(あかそえいじ)さんです。


赤楚衛二さんは1994年3月1日生まれで、2017年『仮面ライダービルド』で万丈龍我(仮面ライダークローズ)役で注目されました。

他にも2015年映画『ヒロイン失格』や2016年映画『SCOOP!』などに出演しています。

赤楚さんは10代の頃から名古屋でモデルとして活動していたようで、2014年に「トライストーン・エンタテイメント」に所属し、俳優としての活動を本格的に開始した若手俳優です。

赤楚さんは「和臣を演じる事で心がけたのは素直でいる事、そして彼が感じてる、抱えてる想いを表にはなるべく出さずにいる事です。彼自身の心の微妙な変化に気を付けて演じました」とコメントしています。

『思い、思われ、ふり、ふられ』実写映画は三木孝浩監督

 


実写映画「ふりふら」の監督は三木孝浩さんが務めます。

三木監督と言えば、これまで『ソラニン』(2010)、『僕等がいた』(2012)など、実写化作品を多く手掛けている監督です。

また恋愛映画の監督として定評があり、廣木隆一さん、新城毅彦さんとともに「胸キュン三大巨匠」の一人として知られています。

「ふりふら」の原作者である咲坂伊緒の人気漫画、『アオハライド』(2014)の実写化でも成功を収めていますので、今回の「ふりふら」実写化もかなり期待できると思います。

「思い、思われ、ふり、ふられ」の実写映画と原作マンガとの違いは?「思い、思われ、ふり、ふられ」の実写映画と原作マンガとの違いは? 咲坂伊緒さんによる少女マンガ『思い、思われ、ふり、ふられ』(略称、ふ...

まとめ

今回は【「ふりふら」朱里役で主演は浜辺美波!その他実写映画キャスト陣は?】というテーマでお伝えしてきました。

いかがでしたでしょうか。

今活躍している若手俳優陣が出演する「ふりふら」映画。

ふりふらファンだけではなく、胸キュンが好きな方も楽しめると思います。

楽しみに映画公開を待ちましょう!

最後まで読んでいただきありがとうございました。