2020ドラマ

恋あた5話ネタバレ!あらすじや感想評判は?

この記事では、『この恋あたためますか』恋あたの5話ネタバレ!あらすじや感想評判!と題してお届けしていきます!

井上樹木(森七奈)と新谷誠(仲野太賀)はデートでいい感じの雰囲気に。

その頃、浅羽拓実(中村論矢)と北側里保(石橋静可)もデートで幸せを掴もうとしている時、ラストで思いもよらない展開が待ち受けていた!?

2組の幸せの行方はどうなってしまったのか、恋あた5話ネタバレと合わせ、あらすじと視聴者の皆さんの感想評判をご紹介していきます。

恋あた5話ネタバレ!

恋あた(この恋あたためますか)の5話では、あたたまっていく恋が気になる展開になってきました!

恋あた5話はどんなラストが待ち受けているのか、恋あたのネタバレと合わせあらすじを紹介していきます。

恋あた5話あらすじ

新谷(仲野太賀)からの突然のキスに戸惑う樹木(森七菜)は、里保(石橋静河)が浅羽(中村倫也)と復縁を望んでいることを知り、さらに複雑な気持ちになってしまう。 そんななか、ココエブリィに経済誌とテレビから密着取材が申し込まれ、新しいスイーツ商品の展開を作った社長の浅羽とともに、取材対象者に選ばれたのは樹木。社長と一緒に取材を受けることになり、慌てふためく。 一方、樹木への恋心を自覚した新谷は、樹木をデートに誘う。 そして同じ頃、里保も浅羽の携帯にメッセージを送り……。 (引用元:この恋あたためますか公式5話あらすじ

恋あた5話ネタバレ/社長と社員の壁

樹木はキスの一件はなかったことにと新谷に話すが、嫌だ!言おうとしたところ邪魔が入ってしまう。

取材が始まると、樹木を褒める浅羽を、里保が複雑な心境で見ていた。

樹木は終始嬉しそうだったが、ツーショット写真を撮るとした時、過去の思い出を泣く泣く削除したことを思い出してしまい、素直に笑顔になれなかった。

そんな樹木に「笑顔でいきましょう」というカメラマン。

取材のインタビューにて夢を聞かれた樹木は、何も答えずにいたところ、浅羽は「甘い物は人を幸せにする」と話した。

浅羽は甘いものが嫌いなのにと知っている樹木と里保は「完全なリップサービスよ」と答えたが、新谷は「子供の頃は好きだった」と浅羽の過去を話した。

浅羽は「井上さんのような人がこの会社には必要だ」と樹木に話すが、嬉しい誉め言葉と裏腹に恋心を捨てきれない。

”社長と社員”という壁を感じ、ため息を漏らす樹木に「がむしゃらに働きな」と励ますスー(古川琴音)の言葉で、社長と社員の関係でも良いと自分に言い聞かせた。

デートでやり直すことになった二人

新谷は樹木に告白をする。

「俺は、樹木ちゃんの特別になりたい」

そんな新谷の告白に樹木は「ありがとう」と答えた。

その一方で里保と浅羽はデート中だった。

里保はいい彼女になりたかった。だけど夢を追う浅羽に対し困らせたくないと話す。

そんな里保に「君は悪くない。悪いのは俺だ」と答える浅羽。

里保は浅羽の手を握り、何も感じない?と話す。

わがまま言う里保に、覚悟しておくと浅羽は答えた。

別れ際となった時、クリスマスは空けておいてと頼む里保に「わかった」と答える。

スイーツが嫌いになってしまった理由を最後に効くと、浅羽は昔食べ過ぎてしまったからと話した。

自宅に戻った樹木を店長やアルバイト仲間の碓井が出迎え、新谷なら幸せにしてくれると説得される。

まだ微妙な気持ちでいた樹木は翌日に偶然、里保の口から「やり直すことになった」という言葉を聞いてしまう。

浅羽がスイーツを嫌いになったワケ

浅羽に取材の原稿のチェックのために呼び出された樹木は、なぜスイーツが嫌いになったか聞いた。

樹木は、昔食べ過ぎたというのは嘘であることがわかったのだ。

浅羽が本当にスイーツが嫌いになったきっかけは、子供の頃の話だった。

一家団欒がない家族で育った浅羽。

その時、クリスマスケーキをプレゼントして親を喜ばそうと、新谷にケーキを作ってもらった。

しかし、ケーキは両親の喧嘩のせいで壊されてしまう。

この悲しい過去が浅羽の心残りになっていて、クリスマスもスイーツも嫌いになってしまったのだ。

樹木は浅羽が独りぼっちで寂しかったことを理解した。

「私がそのケーキ食べる。まるごと全部。私が食べても意味ないか。社長がいっしょに食べたい人じゃないと意味ないもんね。インタビューの時言えなかったんだけどさ。私は、誰かを幸せにするスイーツをたくさん作りたい。社長の作りたいコンビニを私もいっしょにやりたい。それが社員としての私の仕事で、私の夢です」

まっすぐな樹木の思いにが浅羽に通じたのか、リンゴのプリンが完成したら食べるという約束をした。

樹木は家に戻り「向こうは社長で、私は社員」と何度も自分に言い聞かせ、恋心を抑え込んだ。

まさかの社長解任

翌日になり、エクサゾンの営業本部長・都築を呼び出した浅羽は、清水から株を買い取り、アクサゾンにに売却することを白紙に戻すと話した。

ココエヴリィの会議の最後に神子亮から社長解任の議題が提案された時、神子は、浅羽がココエヴリィに売却しようとしていたことを暴露してしまう。

浅羽、経営基盤を見直し、ココエヴリィでしか提供できないサービスの見直しをすべきと話すが、誰も聞き入ってくれなかった。

神子は浅羽の行いは「すべて自分のため」だと言い、ココエヴリィをエクサゾンに売却すると同時に見返りとして独立資金を出してもらうためだと告発したのだ。

重大な背信行為とみなされた浅羽の行動は多数決の結果、社長解任が決まってしまう。

たちまち社長解任の話は広まり、樹木の耳にも入った。

約束を果たすため浅羽を追いかける樹木の手にはリンゴプリンがあったが、「もういいよそれは」と突き放されてしまう。

「まこっちゃんは、友達だからまた会える。里保さんは恋人だからまた会える。だけど私と社長は?ただの社長と社員、なのにそれすらなくなるの?もう会えないかもしんないんだよ。二度と会えなくなるかもしれないんだよ。行かないでよ」

と、必死に訴える樹木だが、浅羽は「ありがとう」とだけ一言。

そんな樹木は車両の窓を叩きながら「好きなの!」と叫んだが、車は発車してしまい、プリンは落とされ壊れてしまうのであった。

「バカ社長!」と樹木は叫んだ。

ー6話へ続くー

恋あた5話の感想と評判は?

社長が解任になってしまい、樹木の恋の行方が気になる展開となりました。

恋あた5話を見た視聴者の感想と評判をまとめていきましたので、早速見ていきましょう!

折り返し地点となった5話!ラストで急展開だった5話の展開に対し、視聴者はドキドキと涙が止まらない様子!

このままどうなってしまうの!?と6話が既に楽しみですね!

まとめ

恋あた(この恋あたためますか)5話のネタバレに合わせてあらすじと視聴者の感想評判を紹介して参りました!

恋あたのネタバレ5話では、樹木が最後、浅羽社長に対し好きなの!と叫んだシーンが印象的でしたね!

恋あたの感想や評判をみると、6話の放送が待ち切れない様子でした。

樹木の必死な訴えに、浅羽社長はどう感じたのでしょうか。

早く2人が、仲良くスイーツを食べる姿が見れると良いですね・・・!