NEWS

熊野大社島根初詣2021の混雑状況を回避する方法!おすすめ参拝時間や混み具合予想!

Pocket

この記事では、熊野大社島根初詣2021の混雑状況を回避する方法!おすすめ参拝時間や混み具合予想!をお届けしていきます!

熊野大社島根は、松江市八雲町にあります。

正式名称は、式内社(明神大社)、出雲国一宮となっております。

熊野大社島根初詣2021の混雑さを回避する方法とおすすめの参拝時間や混み具合の予想を見ていきましょう!

熊野大社島根初詣2021の混雑状況は?

熊野大社は、現在、神社本庁の別表神社となっており、旧社格は国幣大社となっております。

神紋は、「一重亀甲に「大」の文字」となっております。

出雲国一宮と一緒に出雲神社であり、「日本火出初之社」(ひのもとひでぞめのやしろ)とも呼ばれており、火のルーツの場所でもあります。

そんな熊野大社島根初詣2021の混雑状況と予想される混雑時間を見ていきましょう!

熊野大社島根初詣2021の混雑状況は?

駐車場周辺では、渋滞が予想され、年明けから正月三が参拝客が多いです。

島根県内で上位の参拝客数で、例年の人の多さは約18万人となっております。

駐車場は約100台なので、早くいかないといけないです。

堺内の待ち時間はほとんどないです。待ち時間がなくお守りや破魔矢を買うことができます。

予想される混雑時間は?

参拝するときは天気の確認も大切となります。

初詣の季節は雪の可能性があり、雪で渋滞が発生してしまうおそれがあります。

渋滞は2日や3日にも発生することがあります。

時間によって2キロほど混むことがあり、駐車場周辺は混んでいます。

車での参拝客が多く、時間帯や天気によっては渋滞が起きずに、駐車できることがあります。

熊野大社島根初詣2021の混雑を回避する方法

熊野大社は、意宇穴社の一つで奉斎社で出雲国造の元来となっております。

別種根とする説と、熊野大社から紀伊国にさそわれた説があり、紀伊国の熊野大社も有名です。

そんな熊野大社島根初詣2021の混雑を回避する方法を見ていきましょう。

熊野大社島根初詣2021の混雑を回避する方法

夜間参拝をすれば混雑を回避できます。薄暗い時間では、参道を歩いている人は、十数人程度と言われています。

なので、夜間参拝をおすすめいたします。

おすすめの参拝時間や穴場はいつ?

先ほど書いた通り、参拝時間は夜間が一番混んでいないないので、ゆっくり参拝できます。しかし、夜間はお店がやっていないので、お店に行きたいなら夜間に行かない方がいいと思います。

なので、お店に行かないで、ゆっくりしたい方は夜間に行き、お店で買いたいものがある方は、夜間じゃない時間に参拝するようにした方がいいと思います。

熊野大社島根の歴史

熊野大社は、有り難いとされる明神大社のうちの一社にも数えられていて、出雲大社と一緒に出雲国一の客として古より尊敬を集めていました。

信じるところの始まりは神代にもなると言われていて、建てた年代も不明となっております。

「八雲立つ~」の歌にルーツとなっており、出雲神話にも出るこの神社の御祭神・スサノオノミコトが読みました。

熊野大社島根初詣2021の口コミや評判は?

行ってよかったという声が多いです。

まとめ

熊野大社島根初詣2021の混雑状況を回避する方法!おすすめ参拝時間や混み具合予想!をお届けしていきました。

混雑状況を回避する方法は、夜間に行くことでした。なんで、おすすめの参拝時間は夜間です。

混み具合は夜間は少なく、普通の時間は天気によって変わります。

熊野大社島根初詣2021の口コミや評判は、行ってよかったという声が多かったです。

参拝しやすい天気になるといいですね。