2020ドラマ

せんけす6話ネタバレ!義経は本当によみがえったのか?

Pocket

この記事では、せんけす6話ネタバレ!義経は本当によみがえったのか?と題してお届けしていきます!

5話では穴に埋められていた義経がよみがえって終わったせんけす(先生を消す方程式)。

放送終了後には多くの感想評判が寄せられ、続きが気になると話題になりましたね!

そんなせんけすは6話突入しました!

気になるせんけす6話では、義経が復活して生徒たちに復讐しようと追い回します。

果たして、生徒たちは逃げ切れるのか?

今回はせんけす6話のあらすじとネタバレを公開しながら、視聴者の感想評判も紹介していきます。

それでは早速見ていきましょう!

せんけすドラマ6話ネタバレ!

2020年12月5日放送のせんけす(先生を消す方程式)6話。

さっそく6話のネタバレを見ていきましょう。

せんけす6話あらすじ

伊吹命(秋谷郁甫)の儀式によって奇跡が起きたのか…落雷とともに死んだはずの担任・義澤経男(田中圭)が土中から這い上がってきた――。義澤の脳裏には、3年D組の生徒・藤原刀矢(高橋文哉)長井弓(久保田紗友)大木薙(森田想)剣力(高橋侃)らに対する怒りの感情だけがよみがえったらしく…復讐の炎を目に宿す不気味な姿は、命の知っている“義経先生”とはまったく違う“何か”に変わっていた。
同じころ、刀矢は、自首を決意した弓を消そうと、深夜の学校に呼び出し、弓の首にロープをかけた瞬間!! 目の前に死んだはずの義澤が…!? 闇の義経による、恐怖の復讐劇が幕を開ける…。
一方、頼田朝日(山田裕貴)は、病院で眠る静(松本まりか)のもとに再び現れ、静の首元に手をかけて…!?

(引用:先生を消す方程式ストーリー第6話

義経の復活!

伊吹命は、義経が死んだのは「僕のせいだ」と自分を責めます。

ふと、義経から『蘇りの書』をもらっていたことを思い出し、その本を参考に儀式を行いました。

液体を混ぜ合わせて、呪文を唱えながらかき混ぜます。

「復活するわけない」と命は疑いますが、雷鳴とともに義経は見事復活します。

命は義経を目にして、「本当に復活した」と腰を抜かします。

あいつら

と吐き出すようにつぶやく義経は、藤原刀矢、長井弓、大木薙、剣力たちにされた数々のことを思い起こしていました。

深夜の学校で

刀矢に呼び出された弓は、深夜の真っ暗な学校に行き、刀矢を探します。

刀矢は背後から忍び寄り、ロープで弓を殺そうとしますが、薙の声で気づいた弓は必死に逃げます。

ドアの取っ手が鎖でぐるぐる巻きにされていて外に出られず、弓は刀に追い付かれてしまいます。

薙と力もかけつけました!

「もう一度聞くけど、僕たちがやったこと警察にいう気持ちに変わりはない?」と刀矢は弓に聞きます。

「変わらない」と弓が応えると、「じゃあ仕方ないね」と刀矢はロープを弓のクビにかけようとします。

そこに、ボロボロになった泥まみれのゾンビ義経が現れます

義経は

お前ら、俺を殺した、俺を殺した、俺を殺した

と4人に迫ろうとします。

義経がカバンを投げつけられ、しゃがみこんで苦しんでいる隙に、生徒たちは薙と力、弓と刀矢の二手に別れて走って逃げました。

弓の首をしめようとしていた刀矢は一転して、弓と一緒に逃げます。

エレベーターの前で4人は合流し、ほっと息をなでおろすものの、エレベーターの扉が開くと、義経の姿がありました。

静の病室で頼朝は・・・

頼朝は静の病室にいます。

「また来ちゃいました」と気色悪く呼びかけます。

「お母さんがご丁寧に僕のためにパスを作ってくれました。これで何回でも会いに来れるよ」とベッドに上がって静に乗りかかります。

意識不明で眠っている静かに対して、「毎日、キスしにきちゃうよ」と狂気じみた笑いを投げかけます。

☆☆☆☆☆

頼朝の高校時代

「朝日くん、自分で変わらないとなんにも変わらないよ」と屋上で静は言います。

「僕にかかわらないでください」と朝日。

「先生だって思ってるんでしょ。僕が気持ち悪いやつだって」という頼朝に、静は「朝日くん、自分の顔よく見てごらん。けっこうイケメンだよ。」と笑顔でかわいく言います。

「そんなことない」と言う朝日に対して、

「私が学生だったら朝日くんに惚れちゃうかも」と朝日のメガネを取って静は言いました。

☆☆☆☆☆

「惚れてくれたんだよね、俺に。ありがとう。わかるよ。わかっちゃうよ。楽になりたいんだよね、楽にしてあげようか、俺が楽にしてあげようか。えっ?また、僕に会いたい?だよね。だったら、また、来るねー」と言って、頼朝は静の首から手をはなします。

義経は生徒たちをつかまえた!

学校では義経が刀矢、力、薙、弓を探して走り回っていました。

俺を殺した

とつぶやきながら。

ついに義経は4人を発見し、義経は弓の首にロープをかけます。

それを制したのは刀矢でした。

うずくまる義経に対して、「今度こそ消えろ!」と刀矢は吐きかけ、4人は逃げます。

閉じこもる4人にせまる義経

4人で部屋に閉じこもり、刀矢は力に「外に出て助けを求めてこい」と命令します。

弓は「いい加減にして、私たちはあなたの道具じゃない」と刀矢の頬を叩きます。

「あなたが妹を殺したの、認めたくなかってけど、本当だね。今はわかる」と弓は言います。

助けを求めに行こうとしてドアを開けると、そこには義経が迫っていました。

4人はドアを必死に押さえて、義経が入ってこないようにしますが、義経はドアを開けようと頑張ります。

反省はいらない。人を殺して反省しないやつがいる。人を不幸にした子どもは消えるべき。消えるべき。消えるべき。怯えた顔、嫌いじゃないです

と呪いのように義経は言います。

その瞬間、義経が姿を消しました。

4人はドアを開けて、外に出ます。

もう夜が明けて日が差していました。

「義経が消えた」と言う刀矢は、弓の手を握りしめていました。

頼朝は裏切った!

夜が明けて、翌朝のこと。

生徒たちは頼朝に義経が生き返ったことを報告しますが、頼朝は笑って信じません。

歴史と同じように、「義経が頼朝に復讐するために生き返った」、と言いますが「そんなことはない」と頼朝は相手にしません。

「殺したんだよね。We kill him.そうだよね。」と頼朝

「一度死んで生き返ることはない。生きてたんだよ」と言い張ります。

「殺したのは朝日先生だ。だから、朝日先生に復讐に来たんだ」と言われた頼朝は「責任逃れ」と言い出し、真実を告げます。

「あの時死んでるって言ったよね。あれ、実はうそ。あの時実は、まだ脈がありました。ということは、生きている義澤先生を君たちが生き埋めにしたんだよ。君たち殺人はーん。だから、(義経は)キミたちのことも恨んでいます。僕たちに見つかると思ってどこかに隠れているかもしれないよ。僕たちに復讐しようとして」

つまり、殺した犯人は、生きている義経を土に埋めた刀矢たちだったと言い張るのです。

ふと、床に目を下ろすと、ポタポタと血が落ちて赤いシミができていました。

朝日が天井を見上げると、やはりそこから血が落ちていました。

「見つけた」朝日はとつぶやきます。

義経は天井裏に隠れて寝そべっていました。

せんけす6話みんなの感想と評判は?

第6話では義経がみんなの前に姿を現し、復讐しようと追い回していましたね。

義経を埋めるように生徒たちをけしかけた当の本人である義経は、生徒に罪を着せて責任逃れをするという展開となりました。

視聴者のみなさんはどう思ったのでしょうか?

ホラーでありながら、ゾンビとなった義経に対して、「かっこいい」「かわいい」「足長い!」という声がありましたね。

最後に天井からしたたる血は恐怖だったようです。

次週第7話の展開にも目が離せませんね!

まとめ


せんけす6話ネタバレとあらすじ、そして視聴者の感想評判を紹介していきました!

せんけす6話では、義経が復活して生徒の前に姿を現しました。

生徒たちは一つにまとまって義経から逃げ回りましたね!

最後には天井から血がしたたり、義経が天井から様子をうかがっていると思わせる展開でした。

視聴者は意外にもゾンビの義経がかっこいい!と目が離せない様子でしたね!

義経は生徒たちに復讐するのか、頼朝に対してはどう制裁を加えるのか、生徒たちは逃げ切れるのか、7話も見逃せませんね!