最旬ブログ
My Natural Garden & Cafe
テレビ

ティモンディ(野球芸人)高岸の高校・大学時代の野球の腕前は?

今野球芸人として注目を集めているティモンディについて紹介したいと思います。

ティモンディは2015年に結成されたお笑い芸人高岸宏行さんと前田裕太さんとの2人組です。

野球の強豪校である愛媛県済美高校の野球部の同級生で一緒に練習に励んでいたようです。

そして今回お伝えするティモンディ高岸さんの簡単なプロフィール

名前  高岸 宏行(たかぎし ひろゆき)

生年月日  1992年10月8日

出身  京都府

身長  188㎝

体重  90㎏

血液型  A型

足のサイズ  30㎝

プロフィールを見てもわかる通り身長・体重と体格の良さが伝わりますよね。特に足のサイズ30㎝というのは驚きました。

また趣味もトレーニングということで、アスリート気質のある方ですね。

そんな高岸さんの野球の腕前は相当なものだそうです。

野球芸人として取り上げられることも多く、高岸さんの野球の腕前が気になるところです。

そこで今回は、【ティモンディ(野球芸人)高岸の高校・大学時代の野球の腕前は?】というテーマで高岸さんの野球の腕前について迫りたいと思います。

また、トライアウトの結果についても見ていきたいと思います。

ティモンディ(野球芸人)高岸の高校・大学時代の野球の腕前は?

ティモンディの高岸さんの野球の腕前は相当なものだったとの話があります。

どのくらいのものだったのか、高校・大学時代に分けて見ていきたいと思います。

高校時代

高校はあの有名な野球強豪校である済美高校でレギュラーとして活躍していました。

愛媛県の済美高校といえば、甲子園にも多く出場しており一度はその名前を聞いたことがあるんではないでしょうか。

また、ヤクルトの鵜久森敦志選手・広島の福井優也選手・楽天の安樂智大選手とプロ野球選手も誕生しています。

そんな済美高校で高岸さんは恵まれた体格を活かし、野手をメインで時には投手として活躍されていました。

特に投手では、MAX147㎞の速球を投げ、その実力に注目したプロ野球の阪神やヤクルトスワローズのスカウトからの声が掛かっていたようです。

高校3年生の最後の夏「夏の甲子園予選 2010年の第92回愛媛県予選の準々決勝」での登板動画です。

このように投手に野手に活躍していた高岸さんですが、甲子園出場は果たせず悔しい結果となっています。

そして高校を卒業し東洋大学に進学します。

大学時代

プロのスカウトからも声が掛かっていた高校時代でしたが、監督からの助言もあり大学に進学することに決めた高岸さん。

大学は東洋大学に進学し野球を続けるも3年時に故障をし、野球を辞めてしまうことになります。

プロを目指して今まで続けてきた野球のプロへの道が閉ざされたことは非常に辛かったと容易に想像できます。

大学4年時に野球を辞め、この時に今の相方である前田さんと再会を果たしコンビ結成に至ります。

 

トライアウトの結果

大学3年時に一度はプロを断念した高岸さんですが、2018年よりプロ野球合同トライアウトを2年連続で受けています。

2018年には自身最速MAX150㎞を記録していますが、プロの世界はなかなか厳しいものがあり、結果として不合格になっています。

社会人になってもこれだけの速球を投げられるということは、趣味がトレーニングということもあり普段から体作りをしっかりしていることがわかります。

 

まとめ

今回はティモンディ(野球芸人)高岸の高校・大学時代の野球の腕前は?というテーマで高岸さんについてお伝えしてきました。

ここまで本格的に野球をやっている芸人さんはいないのではないでしょうか。そして来年もトライアウトを受けるのか気になるところですね。

今後ますます注目されていくと芸人さんだと思いますのでティモンディは要チェックです!!

最後まで読んでいただきありがとうございました。