2020ドラマ

チェリまほドラマ2話ネタバレ!あらすじと感想も一緒に紹介

この記事では、チェリまほドラマ2話ネタバレ!あらすじと感想も一緒に紹介と題してお届けしていきます!

ガンガンpixivにて大人気連載中の漫画をドラマ化!

テレビ東京の木ドラ25枠で10月8日(木)より放送スタートしている「30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい」通称チェリまほドラマの、2話のネタバレとあらすじを調査していきました!

チェリまほの次回放送の前に、見逃してしまった人や、少し内容を把握したい人にネタバレを用意しました。

今回はあらすじの紹介と合わせ、ネット上の皆さんの感想も見ていきましょう。

チェリまほドラマ2話ネタバレ!


気になるチェリまほのドラマ内容を少しのぞき見!

チェリまほのドラマ2話のあらすじと合わせ、ネタバレを見ていきましょう。

チェリまほドラマ2話あらすじ

童貞のまま30歳を迎えた安達清(赤楚衛二)は“触れた人の心が読める魔法”を手に入れてしまったことを自覚。

残業で終電を逃した安達は黒沢(町田啓太)の、勢いに負け、黒沢の家に一泊することに。

心が読めてしまう安達は、次々と伝わる黒沢の恋心が爆発していることに気付きます。

それは恋愛経験ゼロの安達にとっては刺激的な物でした…。

一方黒沢は、心の声がバレているのをしらず、妄想をし続けながらも、緊張しながらお互い眠りにつくのでした。

黒沢との関係に悩んだ安達は、親友で恋愛小説家の柘植将人(浅香航大)に相談することにします。

ここで悩み相談した結果、親友の意外な真実を知ることとなってしまうのです…!

初のお泊りで安達と黒沢はどうなった?

残業で終電を逃してしまった安達を見て黒沢はチャンスだと思い、強引に安達を自分の家に止めようとしますね。

このままでは野宿になってしまうので、安達は黒沢の勢いに負け、黒沢の家で一泊することになります。

家の中に大好きな安達が居ることに、黒沢の恋心は爆発!

安達は内心襲われるのではないかと、オロオロしていたよう。

そんな安達は先に寝てしまえば大丈夫だ!という作戦に出ます。

翌朝目覚めると、黒沢は安達のために朝ごはんを作ってくれていました。

黒沢の想いを聞いた安達は?

会社では、いい同期である黒沢。

安達がミスすれば、すかさずフォローをしてくれます。

黒沢の想いに気付いている安達ですが、直接告白されたわけではないので、放っておこうと考えます。

そんな中、黒沢に触れた時にまた心の声が聞こえるのでした。

「どんな形でも良い。俺は安達に会いたい、ただ笑っていてほしい。そばに居られるなら俺は同期で良い」

そんなことを想い去っていく黒沢に対し、安達は居てもたってもいられなくなります。

自分の情けなさに気付いた安達は、帰り際の黒沢の後を追っかけていくのでした。

親友の驚くべき事実とは?

安達は同性の黒沢が自分に好意があることに気付いています。

このことを、どうしていけばいいかわからなくなった安達は、親友の恋愛小説家の柘植将人に相談することを決めます。

恋愛小説を書く、柘植なら解決策を知っていると思って相談した安達ですが、実は柘植も安達と同じく童貞だったことを知ってしまい驚いてしまうのでした…。

チェリまほドラマ2話の感想を紹介

チェリまほ第2話では、黒沢の熱い想いと優しさに触れることができましたね!

そして親友の驚くべき真実をしってしまった安達の反応が見ものでした。

ここでドラマ2話の皆さんの感想を紹介していきます!

 


皆さんの感想を見ると、特に黒沢の心の声に胸を打たれたようですね!

黒沢のピュアで切実な気持ちに、思わずうるっときてしまいそうですね。

まとめ


チェリまほドラマ2話のネタバレとあらすじ感想紹介をみていきましたが、いかがでしたでしょうか?

チェリまほ第2話では、黒沢の熱い想いが徐々に安達に伝わってきたのではないかともいます!

そしてまさかの親友も童貞だったなんて!これはネタバレでしかわかならい情報ですね。

チェリまほは次回の放送は10月22日(木)で、いよいよファーストキスの予感です!