2020ドラマ

チェリまほ7話ネタバレ!あらすじと感想評判を紹介!

この記事では、チェリまほ7話ネタバレ!あらすじと感想評判を紹介!と題してお届けしていきます!

チェリまほ「30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい」の最新話7話のネタバレ&あらすじ、そして感想紹介ページです!

ネタバレが好きではない方はあらすじまで見ていってくださいね!

チェリまほは、触れると心の声が聞こえてしまう安達を主人公に、安達に恋心を寄せて心の声が漏れまくっている黒沢の、胸キュンラブコメディ!

7話では安達と黒沢の恋が始まる展開になりました。チェリまほのあらすじをふまえ、ネタバレ紹介と7話で寄せられて感想も合わせて紹介していきます!

チェリまほ7話ネタバレ!

2020年11月19日(木)に放送されたチェリまほ7話!

安達に黒沢は、思いの丈を告げる。そして、安達はどんな気持ちでいるのでしょうか。

早速、チェリまほの7話のあらすじに合わせ、ネタバレを見ていきましょう!

チェリまほ7話あらすじ

チェリまほ7話の予告編

去っていく黒沢を安達は引き止められない。

「ちょっと寝ろよ」と安達は手で黒沢の胸を優しく触れた。

その時に黒沢が安達のことを好きになった。

黒沢は安達を抱きしめる。

そして、安達と黒沢の恋が始まる。

黒沢が安達を好きになった

黒沢は、「好きだ」と伝えた後、思いも安達に伝えた。

「近くにいれればそれでいいと思ってた。でも、近くにいたら欲がでた。同期としてとか友達としてとか、そんなんじゃ嫌だ。初めてなんだ。誰かをこんなに……」

黒沢は安達の頬を手で触ろうとしたが、触れなかった。

「ごめん、やっぱり忘れて」

と言って去っていてしまう。

安達は引き止めることができなかった。

黒沢は外見で見られることが嫌で、実力をつけるため仕事を頑張った。

黒沢が入社してからしばらくしたころ、

上司から女社長との飲み会に誘さわれた。さらに、安達も誘われた。

この頃、黒沢の中で安達は、ぱっとせず、面白みに欠ける同期だった。

飲み会では、無理矢理にお酒を飲まされそうになる安達を守るように、黒沢はそのお酒を飲んだ。

安達と二人、外に出ると、酔った黒沢は倒れてしまう。

その時、黒沢は弱音を言ってしまった。

「顔要員で連れてこられたのにな」

そんな黒沢に、安達は

「そんなことないよ。製品のことも全部覚えていたし、俺のかわりに酒も飲んでくれて、十分、すごいよ。黒沢っていつも完璧ってイメージだから、弱ってるとこ見るの新鮮だ。なんかいいな」
と言った。

そして
「ちょっと寝ろよ」

と安達は手で黒沢の胸を優しく触れた。

その時に黒沢が安達のことを好きになった。

安達は、いい人だから仕事を押し付けられて、普段は無表情だけど笑うとやわらかくなる、そんな安達のことがもっと好きになる。

黒沢は、自分に言い聞かせる。

「始めたときから、わかってた。
いつかはこの好きを終わらせなければ、もう忘れるんだ。次、会ったら……」

黒沢 安達を抱きしめる

一方、安達も告白された後、黒沢のことが頭に残っている。

この時、黒沢は出張で会社にはいない。

「次、会ったら全部元通り。けど、元通りって何だ?」

安達は黒沢のことがずっと気になっている。

これまでの黒沢の恋心を振り返る。

急いで退社をし、安達は走り出す。

黒沢が出張で戻ってきたところで、安達は黒沢に会えた。

「ごめん」
と謝る安達。

「俺、ほんと、ビビりだから。何回も逃げて傷つけた。俺達、男だし同期でいた方が楽だし。黒沢といるとびっくりすることもあるけど、気づいたら笑ってて、一緒にいるのが心地良くて、そんな時間も悪くないなと思えて」

そして安達は言いました。

「俺、黒沢が好きだ」

黒沢は安達を抱きしめる。

「ほんとにいいの?逃げ出したくなっても、もう離さないけど」
「おぅ」

安達は黒沢の心臓の動きを感じた。

恋が始まる

2人は一緒に歩く。

安達はもうすごくドキドキしている。

「緊張しないで」という黒沢。

安達
「これからどうする?なんか飯、食ってく?それとも」

黒沢
「それとも?
それって、安達の家に行っていいってこと?」

チェリまほ7話みんなの感想は?

7話のチェリまほを見た、視聴者の感想をネット上から集めてみました!

感想を見てみると非常に視聴者が興奮して満足している様子です!

まとめ

チェリまほ7話ネタバレとあらすじ、感想の紹介をまとめていきます!

チェリまほ7話ネタバレあらすじはいかがでしたか。

寄せられた感想を見ると、感動した!との声が多く寄せられていました。

ドラマを見れなかった方は見逃し配信もあるので、是非チェックしてみてくださいね!