私の家政夫ナギサさん

わたナギのキャスト役名一覧と相関図を画像付きで詳しく紹介!

TBS新火曜ドラマとして7月7日から放送開始の『私の家政夫ナギサさん』(略称:わたナギ)についてキャスト役名一覧と相関図を画像付きで詳しく紹介していきます。

わたナギの原作は、四ツ原フリコ先生の漫画「家政夫のナギサさん」。

2016年から配信されていて、現在10巻まで連載中です。

先生も今回の実写化にあたり以下のコメントをされています。

すごすぎて未だ実感が湧いておりません。三次元のナギサさんやメイたちを見られるのが楽しみです。

ということで、実写ドラマ「わたナギ」の相関図と、キャスト役名一覧を画像付きで詳しく紹介していきます。

キャストや役柄を確認して、ドラマをじっくり楽しみましょう!

 

私の家政夫ナギサさん キャスト相関図

tabewazurai on Twitter: "『私の家政夫ナギサさん』人物相関図… "

家政”夫”【鴫野ナギサ役】大森南朋さんのかわいらしい演技に注目ですね!!

わたナギのキャスト役名一覧を画像付きで詳しく紹介!

相原メイ(あいはら・めい)役 / 多部未華子(31歳)


 役柄

製薬会社「天保山製薬」の営業職であるMRとして働くアラサー女性。

隙がないので、周囲からは「仕事もプライベートも完璧」と思われているが、実は仕事以外のことはとにかく無頓着で不器用。

家事が大の苦手で、部屋は物で溢れ散らかり放題。

しかし、おじさん家政夫のナギサさんとの出会いを機に、自分の人生と幸せについて考えるようになっていく。

鴫野ナギサ(しぎの・なぎさ)役 / 大森南朋(48歳)


家事代行サービス業者「NTSクリーンハウス」に勤めるエース家政夫。

口数は少ないが、謙虚で穏やかな人柄と独特の安心感、そしておじさんならではの豊富な人生経験を併せ持ったナギサの一言は、依頼者の心をスッと楽にしてしまう。

ひょんなことからメイに雇われ、多忙なメイに時間と心の余裕をもたらす存在になっていく。

田所優太(たどころ・ゆうた)役 / 瀬戸康史(32歳)


外資系製薬会社「アーノルド製薬」のMR。性格もルックスも完璧でまさに王子様的存在。

ライバル会社の社員に対しても垣根なくオープンに情報を交換したり、気さくに接するなど、とにかく懐が広く非の打ち所がない。

メイと同じ営業エリアに異動になり、営業先の病院やクリニックでよく遭遇するうちに急接近していく。

そしてメイに恋の嵐を巻き起こすことに。

陶山薫(すやま・かおる)役 / 高橋メアリージュン(32歳)

メイの親友であり同僚。

MRではなく、学術部門という疾患領域と製品のエキスパートをしているため、社内に常駐していることが多い。

明るく積極的で裏表のない性格。イケメン好き。趣味は美容と合コンで、婚活に勤しんでいる。

松平慎也(まつだいら・しんや)役 / 平山祐介(49歳)

メイの上司。横浜支店を長らく支えてきたベテラン社員で、「ミスター横浜支店」という異名を持つ。

体育会系で厳しい男だが、面倒見も良いため部下からの信頼は厚い。

古藤とともに、天保山製薬の重要エリアである横浜支店の改革に取り組んでいる。

馬場穣二(ばば・じょうじ)役 / 水沢紳吾(43歳)


メイの同僚で、チームメンバー。

愛想がなく無口で、何を考えているかわからないタイプ。だが、営業成績は安定しており、社内の中堅という立ち位置。

他人に興味がなさそうだが、突然必要な情報やアドバイスをするなど周囲をよく見ている。

堀江耕介(ほりえ・こうすけ)役 / 岡部大(ハナコ)31歳


メイの同僚でチームメンバー。

ひょうきんな男で後輩からもいじられるなど憎めない存在。

バリバリ働き成績を残しているメイのことを「さすが〜」と冷やかしているが、実は活躍するメイに対して密かに焦りを感じている。

天馬あかり(てんま・あかり)役 / 若月祐美(25歳)

メイの後輩でチームメンバー。

やる気はあるが決して無理はしない、バランス重視型のイマドキ女子。

若手ながら冷静にチームメンバーを観察しており、先輩であるメイや堀江に容赦なくツッコミを入れたりするなど、物怖じしない性格。

古藤深雪(ことう・みゆき)役 / 富田靖子(51歳)


天保山製薬横浜支店の女性支店長。

社内で重要エリアとされている横浜支店の改革のため異動を命じられ、支店長に就任したばかり。

オフィスにフリーアドレスを取り入れたりと新しい取り組みにも積極的で、横浜支店の抜本的改革を目指している。

瀬川遥人(せがわ・はると)役 / 眞栄田郷敦(20歳)


実地研修のため、天保山製薬横浜支店にやってきた入社一年目の新入社員。

イマドキの若者でやや世間知らず。

しかし、素直で勉強熱心でもあるため、どこか憎めない。チームの弟的存在。

肥後菊之助(ひご・きくのすけ)役 / 宮尾俊太郎(36歳)


肥後すこやかクリニックの二代目。

「患者ファースト」を信念としており、真剣に患者を思う姿勢や、穏やかで気さくな人柄が地域の人々からも信頼されている。

MRに対してもいつも丁寧な対応をする誠実な医師。

駒木坂春夫(こまきざか・はるお)役 / 飯尾和樹(ずん)51歳


医薬品卸売会社・しろくまメディカルの営業課長。

MRのメイにとっては重要な情報源でもある。しかし、「いい人」に見えるが、決して本音を明かさない食えない男。

実直なメイに対しては一目置いており、マル秘情報を流してくれることも。

吉川かりん(よしかわ・かりん)役 / 夏子(23歳)


天保山製薬横浜支店のメンバーの行きつけの店・薬膳居酒屋「万薬の長」の店員。

愛嬌たっぷりの看板娘で、いつのまにかお客さんと仲良くなってしまう。

メイたちとはすっかり顔なじみで、飲み会に参戦することも。

相原美登里(あいはら・みどり)役 / 草刈民代(55歳)


メイと唯の母親。明るく朗らかでアクティブな女性。

家事が大の苦手で娘たちが将来仕事や生活で苦労しないようにと、愛情を持って厳しく教育してきた。

しかし、メイにとっては、母の教育方針や言葉が、知らず知らずのうちにプレッシャーになっていることに、本人は気がついていない。

福田唯(ふくだ・ゆい)役 / 趣里(29歳)


メイの妹で、ナギサさんと同じく家事代行サービス業者 NTSクリーンハウスで働いているて、会社員の夫と3歳の娘がいる。

しっかり者で、メイにとっては良き相談相手。

姉のメイの家が悲惨な状態になっていることを本気で心配しており、家政夫のナギサさんをメイの家に送り込むことに。

まとめ


TBS新火曜ドラマとして7月7日から放送開始の『私の家政夫ナギサさん』(略称:わたナギ)についてキャスト役名一覧と相関図を画像付きで紹介していきました。

延期になっていたわたナギのドラマをようやく見ることができるので楽しみですよね!

主人公の多部未華子さんのかわいさと、家政夫役の大森南朋さんのかわいさにも注目です。

さらに脇を固めるキャスト陣も素敵な方達ばかりでした。

実写ドラマ”わたナギ”のキャスト役名一覧と相関図を画像で確認してドラマを楽しみましょうね!

最後までお読みいただきありがとうございました。