2021ドラマ

あのキス麻生久美子がおじさんになった理由やマサオの正体を調査!

女優イメージ
Pocket

今回はあのキス麻生久美子がおじさんになった理由やマサオの正体を調査!と題してお届けしていきます。

漫画でも大人気の”あのときキスしておけば”略してあのキスが待望のドラマ化が決定!

人気漫画『SEIKAの空』を描く作者・蟹釜ジョーでありながら、冴えない男の主人公・桃地のぞむ(松坂桃季)の彼女であるヒロイン”唯月巴役”には、大女優の麻生久美子さんが抜擢されましたね。

あのキスでは、大好きな彼女がおじさんと突然入れ替わってしまうという、ラブコメ感満載の内容が興味をそそられます。

なぜ麻生久美子さんはおじさんになってしまったのか、気になる理由と彼女の魂が宿る変なおじさんこと”マコト”の正体を調査していこうと思います!

あのキス麻生久美子がおじさんになった理由とは?

あのキスの唯月巴(麻生久美子)は、なぜおじさんの”おじ巴”となってしまったのでしょうか。

おじさんになった理由の真相とあのキスの内容あらすじや、脚本情報を調査していきます。

あのキスで麻生久美子がおじさんに?

あのキス(あのときキスしておけば)では、主人公・松阪桃季さん演じる桃地のぞむの大好きな彼女(麻生久美子)がおじさん(井浦新)と入れ替わってしまう、見たことも聞いたこともない全く新しいラブストーリー!

そんな麻生久美子さんは、人気漫画『SEIKAの空』の作者・蟹釜ジョーというペンネームで唯月巴という役柄を演じています。

超人気作家でセレブな生活を送る唯月巴は、ミステリアス外見からは想像できない内側に秘めたものがある様子。

一体なぜそんな麻生久美子さんが、おじさんになってしまったのでしょうか。

あのキスで麻生久美子がおじさんになった理由とは?

あのキスで麻生久美子さんがおじさんになったきっかけは理由とは何なのでしょうか。

のぞむ(松坂桃季)との沖縄旅行を約束していた麻生久美子さんでしたが、不慮の飛行機事故で突然亡くなってしまいます。

ですがこの世にやり残したことがたくさんある、まだ死ねない!という強い魂のせいか、おじさんに乗り移ってしまいます。

ネット上でも何でおじさんになってしまったのか疑問の声が寄せられていますね!


麻井久美子さん演じるヒロインの唯月巴はなぜおじさんになったのか、ここから推測していこうと思います。

あのキス麻生久美子がおじさんになった理由を推測!

あのキスで麻生久美子がおじさんになった理由はいくつか推測できそうです。

  1. 順風満帆になる前の試練?
  2. 姿・形が変わっても好きな人を愛せるかどうか
  3. 人を愛するという根本的なことを見直す機会
  4. チャンスを掴むことの大事さ

今作のあのキス主人公の桃地のぞむは出世願望も恋愛経験もなしの、ポンコツという役柄に、どんなスパイスを加えるかポイントとなってきそうですよね。

今まで生ぬるい人生を送ってきたのぞむの前に、突然現れたミューズ!

ですが順風満帆となろうとしたときに、不慮の事故で彼女は亡くなり、おじさんの姿となって目の前に現れます。

どんな姿であろうと、彼女を支え愛し続けることができるのか、のぞむへの人生の試練とも考えられる展開ではないでしょうか。

もう一つの疑問が、彼女の魂が宿ったおじさんには、彼女の魂しか入っていないのかということです。

おじさんの魂はどうなったのか?

唯月巴の入れ替わりとしておじさんが登場しますが、仕草や言動は全て唯月巴そのままです。

ではおじさんの魂は、唯月巴の魂と引き換えに亡くなってしまったのか?という部分が疑問に残りそうです。

また、あのキスドラマ後半では、唯月巴は麻生久美子さんとして復活してくるのかも気になるところですよね。

ですがドラマで唯月巴の葬儀する場面も見られたので、なかなか麻生久美子さんの姿に戻ることは考えられないような気がしますね。

あのキスに原作はある?脚本は?

あのキス(あのときキスしておけば)の脚本を担当するのは、2011年でセカンドバージンで受賞歴のある脚本家・大石静さんです。

最近では原作漫画作品の恋する母たちの脚本も担当し、シリアスな内容からコメディまで幅広い内容のものを得意とします。

中でも恋愛ものを手掛けることが多いので「ラブストーリーの名手」とも呼ばれる人気脚本家なんです!

そんな脚本家・大石静さんが今回、完全オリジナル脚本で手掛けた「あのときキスしておけば」は、シリアスな雰囲気が漂うビジュアルで登場しました。

一見三角関係を描いた男女の泥沼劇かと思いきや、好きな彼女がおじさんと入れ替わってしまうというキャッチーなドラマとなっています。

冴えない主人公と共に、目まぐるしく変わる展開に目が離せない!そんなあのキスは今年春注目大のドラマとなっていきそうですね!

あのキス基本情報

【タイトル】あのときキスしておけば

【放送日】4月30日(金)スタート

【放送時間】よる11時15分~

【放送局】テレビ朝日

【キャスト】
桃地のぞむ(松坂桃李)
唯月巴(麻生久美子)
田中マサオ(井浦新)
高見沢春斗(三浦翔平)
郷田ひと子(猫背椿)
反町真二(六角慎司)
水出清美(阿南敦子)
李善善(うらじぬの)
生馬忠士(角田貴志)
木之崎眞(藤枝喜輝)
栗山まりえ(川瀬莉子)
田村恭平(板倉武志)
田中帆奈美(MEGUMI)
田中優太郎(窪塚愛流)
唯月妙(岸本加世子)

【公式HP】https://www.tv-asahi.co.jp/anokiss/

あのキスのマサオの正体を調査!

あのキスで井浦新さん演じるマサオは、いったい何者なのか、その正体を調査していきます!

あのキスのマサオとは?

あのキスで登場する田中マサオ(井浦新)は、唯月巴が沖縄行きの飛行機に偶然隣り合わせにいた人物です。

唯月巴との共通点は全くなく、ただの他人ですが、桃地のぞむとはちょっとした共通点があるようです。

マサオは桃地のぞむと同じ職場に居た?

マサオは桃地のぞむと同じスーパーで、清掃員として働いています。

どこにでもいるような普通のおじさんで、どちらかというと冴えないような感じでした。

しかし、沖縄行の飛行機で唯月巴と偶然隣り合わせの席に座ることとなります。

目が覚めると唯月巴の体は亡くなっていて、田中マサオというおじさんの姿となってしまうのです。

疑問点はなぜ、隣り合わせのおじさん・マサオに乗り移ったのかということですよね。

このおじさんに関しては、ドラマの後半で徐々に正体が明かされていくようです。

なぜ魂が入れ替わることができたのか、想像もしない展開となっていきそうですよね!

まとめ

あのキス麻生久美子がおじさんになった理由やマサオの正体を調査!と題してお届けしていきました。

あのときキスしておけばー通称・あのキスで麻生久美子さんが演じる、スーパー売れっ子漫画家・唯月巴は、不慮の事故で清掃員のおじさん・マサオに魂が入れ替わってしまいます。

おじさんになった理由としては、桃地のぞむの愛の力を試すようにも感じられます。

またおじさんのマサオについてドラマの後半で正体が徐々に明らかになっていくようなので、最後まで見逃せないドラマとなりそうですね!

SPG-Amex
Pocket