エンタメ

呪術廻戦の五条先生の過去篇は何巻?学生時代の夏油傑の関係は?

この記事では、呪術廻戦の五条先生の過去篇は何巻?学生時代の夏油傑の関係は?と題してお届けしていきます!

呪術廻戦で人気のキャラクター五条悟はどんな交友関係があり、学生時代はどんな過去があったのでしょうか?

そんな五条悟の過去を知りたい皆さんに、過去篇が収録されている漫画が何巻からなのか、調べていきました!

過去篇では、五条悟の学生時代と夏油傑の関係がわかるようになってきます。

夏油傑と五条悟は、親友関係にあり、現在に大きな影響を及ぼしている重要人物でもあります。

そんな2人の関係が知れるのは呪術廻戦の何巻からなのか見ていきましょう!

呪術廻戦の五条先生の過去篇は何巻?


漫画呪術廻戦で五条悟の過去篇が収録されているのは何巻からなのでしょうか。

気になる五条悟の正体が明らかになってきます!

懐玉編:五条先生の過去

五条悟の過去篇は単行本の8巻の65話から9巻まで連載されますが、その前に0巻のラストで夏油傑はたった一人の親友、五条悟の手によってトドメを刺されてしまいます。

そして突如始まる懐玉編は五条悟の過去篇に入ります。

五条がまだ呪術高専2年生の頃の話の話で、トドメを刺されたはずの親友「夏油」も登場します。

懐玉編の内容は?

五条と夏油に課せられた“星漿体”の護衛任務は、伏黒を名乗る“術師殺し”の奇襲で最悪の事態に陥ることになります。

五条達は全滅と思われたが…!? 五条を最強に至らしめ夏油を造反に導いた在りし日の事件、その結末とは――!?(引用:コミックシーモア

懐玉編では、呪術界の要である天元が同化するための「星漿体」のお話になってきます。

天元は術式によって不死の存在ですが、不老ではありません。

この不老不死であるために「星漿体」と呼ばれる存在が必要になてきます。

「星漿体」と呼ばれる人と「天元」は同化をすると、記憶や意識がなくなり天元の老化が抑えられるようになるのです。

懐玉編:五条先生と夏油の任務

天元が同化する2日前に五条・夏油に任務が入り、その任務を遂行していきます。

この任務は、呪術界の崩壊を目論む呪詛師団体「Q」と、天元を信仰する宗教団体「盤星教時の器の会」から「星漿体・天内理子」を天元の同化する日まで守り抜くということです。

この任務で五条と夏油は、親交を深めながらも、関係が崩れていくのです。

呪術廻戦過去篇:学生時代の夏油傑との関係は?


呪術廻戦過去篇で明かされた学生時代の五条悟と夏油傑との関係。

2人はどのような学生時代を一緒に過ごしたのでしょうか。

合わせて、夏油傑の人物について紹介していきます。

学生時代の五条悟

五条悟の学生時代は、今以上に自己中で傲慢な性格でした。

一人称は今の「僕」とは違い「俺」で通していました。

荒っぽい性格で他の人はどうでもいいような、性格の悪い人物でした。

8巻の過去篇では親友の夏油に「術師は人を守るべき」と言われますが、正論は嫌いだと一刀両断。

そんな教師になれないNo,1 の男がなぜ、教師を志すようになったかは、親友の夏油傑の存在があったからです。

夏油傑(げとうすぐる)とは

五条悟と同時に、呪術高専で学んでいた同級生である夏油傑。

五条悟と夏油傑は喧嘩しながらも、何でも言い合える仲で、共に教師を志していました。

そんな夏油傑はある事件によって、学校を追放され、全く別の道を歩みます。

追放された後は特別呪霊の漏瑚(しょうご)や花御(はなみ)たちと裏で手を組み、呪術師ではなく、呪殺で商売する呪術師の敵の呪詛師(じゅそし)になります。

普段は法衣(ほうえ)を身にまとい、額には大きな縫い跡を持つ冷酷な事物。

夏油傑の目的は呪術師だけの世界を作る事。

このことで、学生時代仲良かった五条とは敵対関係になってしまい、「最悪の呪詛師」と呼ばれるほどの危険人物になってしまいました。

呪術廻戦の五条先生の過去についての声

呪術廻戦の五条悟についての過去を見た読者はどのように思ったのでしょうか。

ネット上の声を見ていきましょう!


 


五条悟の過去篇である懐玉編を読んだ読者は、面白いとの絶賛!

五条悟の性格の悪さにびっくりする声も合った様子です。

まとめ


呪術廻戦の五条悟の過去篇は何巻なのか、学生時代の夏油傑との関係を調査していきました!

五条悟の過去は呪術廻戦単行本の8巻から9巻に収録されています。

今に勝る性格の悪い五条悟と、学生時代の夏油傑との関係が見れると思います。

にしても仲良かった2人は敵対してしまうなんて、なんとも切ないですね。

気になる詳細は是非単行本を手に取って見て下さいね!