エンタメ

呪術廻戦がパクリ疑惑の理由は?ハンターハンターと本当に似てる?

この記事では、呪術廻戦がパクリ疑惑の理由は?ハンターハンターと本当に似てる?と題してお届けしていきます!

日本の漫画業界が勢いがすごい中、人気なのが呪術廻戦!コミックスは累計発行部数800万越えをしました!

そんな呪術廻戦を読み進めていくと気付いたのが、あの有名な漫画ハンター✖ハンター(ハンターハンター)に似ている!というシーンが出てくることです。

読者の皆さんもそう思われ、ネット上ではパクリ疑惑や似ているという声が挙がっています。

そこで今回は呪術廻戦がハンターハンターと本当に似ているか調査していきました!

パクリ疑惑が出てしまう理由を見ていきましょう。

呪術廻戦はパクリと言われる理由は?


呪術廻戦は茶見久々による漫画で、現在週刊少年ジャンプにて連載2周年目に入り、人気が絶えない話題の漫画です。

そんな呪術廻戦はパクリと言われてしまう理由とは何なのでしょうか。

呪術廻戦はパクリと言われる理由

 呪術廻戦は現在勢いのある漫画で、引き込まれる独特な世界観がファンの心を掴んでいるようですね!

そんな呪術廻戦はパクリ?と思われるシーンが多々出てくるようです。

数ある漫画の巨匠たちの漫画を見て勉強してきたのか、参考にしているシーンもあるのではないでしょうか。

参考にしているあろうと思える漫画は「ハンター✖ハンター・るろうに剣心・バカボンドジョジョ・ナルト・東京喰種・BLEACH」かと思います。

絵の雰囲気や、キャラクターの技、物語の設定、様々なシーンを上手くミックスしているのは見事で、そこから呪術廻戦のオリジナルが見えてくるようです。

むしろパクリだ!というより、多くの作品を世に送り出してきた大先生たちの、影響を受けているのではないでしょうか。

影響を受けた作品をリスペクトしている?

呪術廻戦のパクリ疑惑が出ていますが、これで著作権侵害にはなりません。

呪術廻戦と他の漫画が似ている部分があったとしても、キャラクターや技、そしてシーンの使い方が違ってくるのです。

そのまま複製したような表現は使われてない分、そこは敏感にパクリ!と思うのではなく、上手く取り入れて影響を受けた作品をリスペクトしているんだと考えてもいいかもしれませんね!

呪術廻戦はハンターハンターに似てる?


呪術廻戦はハンターハンターに似ている?との読者の声が多く寄せられていますね!

どこが、どのように似ているのか見ていきましょう。

呪術廻戦とハンターハンターが似ている理由は?

読者が呪術廻戦とハンターハンターが似ている!と思ってしまうのは、「呪術&念能力」の効果似ているからと感じたからではないでしょうか。

ハンターハンターの念能力では「制約と誓約」をすることにより、パワーアップするように呪術廻戦でも同じような方法でパワーアップさせることができます。

能力や構造が似ているせいか、ハンターハンターを読んでいるような感覚になるという読者もいるようですね!

そんな呪術廻戦とハンターハンターはどこのシーンが似ているのでしょうか。

呪術廻戦とハンターハンターが似ているシーンとは?

呪術廻戦とハンターハンターが似ているシーンは「位置が入れ替わるシーン」

呪術廻戦で登場人物の東堂の術式は、手を叩くことで人の位置を入れ替えるという能力があるキャラクターですが、ハンターハンターでのキャラクター『ゴレイヌ』が使う念能力と似ていますね。

ここで呪術廻戦は、オリジナルを出すため、手を叩く術式を発動することなく相手を困惑させるという要素を取り入れています。

バラバラにされ打ち付けられるシーン

呪術廻戦2巻でのシーンはハンターハンターと似すぎているシーンがあります。

コマ取りの仕方や、強い相手にいきなり、バラバラにされ打ち付けられてしまうのですが、経緯が似ていると言えますね!

そして呪術廻戦の三輪というキャラクターが使う能力もハンターハンターと似ている部分がありました。

三輪の簡易領域

「簡易領域」とは三輪というキャラクターにある能力で、半径2.21M以内に敵が入るとオートでカウンターの居合を放つ力です。

ハンターハンターを見ている人なら、念能力「円」という力に似ていると感じるかもしれませんね。

呪術廻戦パクリ疑惑についてみんなの反応は?

呪術廻戦パクリ疑惑について皆さんはどんな反応があったのでしょうか。


 


ハンターハンターかと思ったというくらい似ているのですが、呪術廻戦ならではのオリジナルストーリーも入っているので、面白いという声が多く寄せられていました!

似ているからこそ、なんだか楽しめるという声も多かったですね!

まとめ


呪術廻戦がパクリ疑惑の理由と、ハンターハンターと本当に似ているのか調査していきました!

読者の声を見るとハンターハンターによく似ていて、勘違いしそうになるという声もありました。

それほど似ている部分はあるのですが、ハンターハンターなど自分がリスペクトしてきた漫画を読んでいたから、その味を自分の漫画にも出しているのではないでしょうか。

呪術廻戦のパクリ疑惑の理由を見れば納得という感じです。

呪術廻戦とても面白いうえ、ハマる要素がたくさんあるので気になった方は是非一読してみては?