2021ドラマ

ボス恋は韓国ドラマをリメイク?パクリで似ている疑惑を調査!

Pocket

この記事ではボス恋は韓国ドラマをリメイク?パクリで煮ている疑惑を調査!という内容でお届けします。

2021年1月12日から大好評放送中のTBS火曜ドラマの「オーマイボス恋は別冊で」は、お仕事&胸キュンラブコメディドラマとして人気上昇中ですが、パクリ疑惑を思わせる噂が広まっています。

それは内容やタイトルが、韓国ドラマのリメイク?と思う程、似ているという点です。

オーマイボス恋は別冊では、何かのリメイクもしくは、原作があるのでしょうか。

気になるパクリ疑惑の真相を、調査していこうと思います!

ボス恋は韓国ドラマをリメイク?

オーマイボス恋は別冊での簡単なあらすじを、コチラでまず見ていきましょう。

ファッション雑誌編集部を舞台に
上白石萌音が鬼編集長の雑用係に!?
超ドSな鬼上司を菜々緒
子犬系御曹司のカメラマンを玉森裕太
クールな敏腕編集者を間宮祥太朗が演じる
上白石が3人との初共演で送る
胸キュンお仕事&ラブコメディ!!

そんな日本ドラマオーマイボス恋は別冊では、韓国ドラマをリメイク?という声が広まっていますが、実際はリメイクなのか、それとも原作がある作品なのでしょうか。

ボス恋の原作はある?

ボス恋には原作があるのか気になるところですが、

脚本は田辺茂範(たなべしげのり)さんが、描き下ろしたオリジナルのものです。

ということは、

ボス恋に原作はなし

ということです。

オリジナル作品ということがわかったところで、田辺茂範さんはどんな作品を描いてきた人なのか、気になりますよね。

ボス恋を手掛けた脚本家はどんな人?

田辺茂範さんは”バカバカしいものを壮大に!”というものがモットーで、2006年から脚本家として多くの作品を担当してきました。

中でも『美食探偵』や『インハンド』など日本を代表するドラマ作品や、上白石萌音さんと佐藤健さんが出演している『恋はまだまだつづくよどこまでも』も手掛けてきました。

どことなく漫画っぽい世界観は、過去に舞台演出で培ってきたもので、オリジナリティ溢れる発想と、テンポよく進む物語は誰しもが惹きこまれてしまう魅力を持っていますよね!

”オーマイボス恋は別冊で”でも、田辺茂範さんの演出・脚本の良さが存分に味わえる作品となっています。

ボス恋はパクリで似ている疑惑を調査!

オーマイボス恋は別冊では、完全オリジナル脚本となっていますが、ネット上では韓国ドラマのパクリで似ている!という声が絶えませんね。

疑惑を明らかにするためにオーマイボス恋は別冊は、韓国ドラマのどの作品に似ているのか、またどこがパクリで似ている部分なのか調査していきます!

ボス恋にパクリで似ている韓国ドラマとは?

何でも人並がいいと思っている平凡な主人公奈未が、お仕事や犬系男子によって翻弄されながらも主人公の成長を描いていく”オーマイボス恋は別冊で”に対し、パクリで似ているとネット上で噂になっている韓国ドラマがあります。

『内容の類似作品

  • ロマンスは別冊付録
  • 彼女はキレイだった

『タイトル類似作品』

  • オー・マイ・マクビ
  • オー・マイ・ビーナス
  • マイ・ボス マイ・ヒーロー
  • ジャグラス ~氷のボスに恋の魔法を~

ボスやオーがつくタイトルは結構ありますね!

また、韓国作品以外にも世界的に大ヒットしたメリル・ストリープとアン・ハサウェイが主演した『プラダを着た悪魔』も内容が似すぎる!リメイク?という声が飛び交っていますね。

では、それぞれの作品の、どの部分がどのように似ているのか見ていきましょう。

ロマンスは別冊付録に似てる?


NETFLIXで放送中の韓国ドラマ「ロマンスは別冊付録」に似ているという声があります。

ボス恋の正式なタイトルは「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」で、こちらにも「別冊」が出てくるので、そう思うのも無理はありませんね!

しかも、ロマンスは別冊付録も舞台は出版社で、本を作る人たちストーリーを描いたラブコメなので、出版社という共通点もあるのです。

タイトルと舞台が同じなのでパクリ疑惑が出てくるのは、うなずけます。

彼女はキレイだったのパクリ?


韓国ドラマ「彼女はキレイだった」のパクリでは、という声もあります。

2016年最高のロマンティック・コメディーで同時間帯視聴率No. 1の「彼女はキレイだった」も舞台はファッション雑誌の編集部です。

主人公ヘジンは出版社に就職しますが、上司はなんと幼なじみで初恋の相手だったのです。

片思いの相手を追って上京したボス恋の奈未と状況が似ています。

しかも、ヘジンの上司はドSなので、鬼上司のいる奈未とかぶりますね!

タイトルが似ているオー・マイ・マクビ

問題ある大人たちの前に突如現れた天使のように優しいクムビを中心に、大人たちと成長していく物語の「オー・マイ・クムビ」は、タイトルが似ている!という声が!

内容は似ていないのですが確かに「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」と比べると、リズムがそのままそっくりコピーされたような気もしますね。

オー・マイ・ビーナス

失恋をきっかけにダイエットを決意した女子と、そのコーチの恋を描くラブコメディ「オー・マイ・ビーナス」。

こちらもまた、タイトルのテンポとそっくりです。

「オー!」というタイトルは結構どの作品も被っているのだとわかりますね。

マイ・ボス マイ・ヒーロー

ヤクザが学校に通い始める!?という韓国の爆笑コメディ「マイ・ボスマイ・ヒーロー」!

これはマイ・ボス被りをしているがわかりますね。

ジャグラス~氷のボスに恋の魔法を

男性がボス役となっている、お仕事胸キュンドラマの「ジャグラス~氷のボスに恋の魔法を~」は、内容が少し似ながらも、タイトルが似ていますね。

冷たくクールなボスはやっぱり憧れの的でもあり、ドラマとしてもイジリがいがあるんですよね。

映画「プラダを着た悪魔に」内容が似ている?

世界的に有名な映画「プラダを着た悪魔」では、オーマイボス恋は別冊でに被っている内容が特に多いとの声が寄せられています。

↓↓↓その似ている部分がコチラ↓↓↓

  1. 主人公が平凡
  2. 編集長は鬼上司
  3. 主人公は雑用係になる
  4. 上司はファッション誌の編集長
  5. 主人公は仕事を辞めようとするけど諦めない
  6. だんだんとファッションに目覚める
  7. 仕事が忙しすぎて恋がおろそかになってしまう

「プラダを着た悪魔」のエンディングは、新しい仕事を見つけた主人公が最後は鬼上司の元を離れ、本当の自分の人生を歩んでいく姿が描かれます。

もしかしたらオーマイボス恋は別冊でも、白石萌音さん演じる奈未が鬼上司の元自立した女性へと成長していくのかもしれませんね!

このように世の中には、プラダを着た悪魔に似たサクセスストーリーがたくさんあり、似ている!パクリと思われてしまうのも仕方ないとも思います。

オーマイボス恋は別冊ではオリジナル脚本なので、日本のドラマとして純粋に楽しんでいきたいですね。

ここで再度、オーマイボス恋は別冊でのあらすじを見ていきましょう。

オーマイボス恋は別冊でのあらすじ番組内容まとめ

『オーマイボス恋は別冊であらすじ』

 東京で暮らす幼馴染で片思い中の健也を追いかけ、地方の田舎町から上京してきた就活中の鈴木奈未 (上白石萌音) 。安定志向の奈未は、大手出版社・音羽堂出版の備品管理部の求人募集を見つけ面接を受けることに。面接までの時間を潰そうとしていた矢先、ひょんなことから潤之介 (玉森裕太) と知り合う。あるアクシデントに見舞われるが、潤之介との運命的な出会いによって、なんとか面接を乗り切った奈未は、無事採用されたものの、配属されたのは備品管理部ではなく新設されたファッション雑誌編集部だった。

初出社当日、社内で迷子になってしまった奈未は、通りかかった宇賀神慎一 (ユースケ・サンタマリア) に助けてもらい、無事に編集部に辿り着く。そこでは編集部の面々が慌ただしく荷物を移動しており、何も分からないまま立ち尽くす奈未は、やって来た上司の半田進 (なだぎ武) から急いで青山へ行くように命じられる。

指定されたレストランに着くや否や、ある女性から大量の荷物を持つよう言われる奈未。やっとの思いで編集部に戻ると、そこには中沢涼太 (間宮祥太朗) や和泉遥 (久保田紗友) 、和田和美 (秋山ゆずき) 、加賀栞 (太田夢莉) をはじめとした編集部のメンバーが勢揃いしており、その中心には先ほどの女性・宝来麗子 (菜々緒) の姿も。奈未は、麗子が新たに創刊したファッションモード誌「MIYAVI」の編集長であることを聞かされるのだった。

そして、事態が飲み込めない奈未に与えられたのは、その超ストイックな編集長の雑用係という仕事で…。

(引用元:オー!マイ・ボス!恋は別冊でストーリー

『番組概要』

  • 放送日:2021年1月12日
  • 放送局:TBS系列火曜ドラマ枠より放送スタート
  • 脚本:田辺茂範(たなべしげのり)
  • メインキャスト:上白石萌音・菜々緒・玉森裕太・ユースケ・サンタマリア
  • 公式HP:https://www.tbs.co.jp/BOSSKOI_tbs/

ボス恋のリメイクについての声

ボス恋リメイクについての声をまとめていきました!

韓国ドラマに似ているシーンが多数登場すると噂が広まっている、オーマイボス恋は別冊で。

韓国らしい演出はもしかしたら、参考にしている部分もあるのかもしれませんね!

ですが、平凡女子が徐々に成長していく物語はいつ見ても面白いですよね。

今後オーマイボス恋は別冊での奈未が、どのように成長していくのか楽しみです!

まとめ

ボス恋は韓国ドラマをリメイク?パクリで似ている疑惑を調査!という内容でお届けしていきました。

オーマイボス恋は別冊では、通称ボス恋として人気上昇中のドラマ!

上白石萌音さん演じる奈未が、菜々緒さん演じる鬼上司麗子に振り回される姿は見ているこちら側も応援したくなります!

そんなオーマイボス恋は別冊では、韓国ドラマのリメイクでもパクリでもなく、完全オリジナル脚本だということがわかりましたね。

確かにタイトルや内容も似ているドラマは多数この世に存在するので、ある程度被ってしまうのは仕方ないのかもしれません。

オーマイボス恋は別冊では、今後どのような展開で物語が進んでいくのか目が離せませんね!