BTS

BTSオンラインライブ2021徹底解説!セトリや視聴方法は?

Pocket

2021年10月24日、オンラインライブ「BTS PERMISSION TO DANCE ON STAGE」が開催されました。

2021年6月の「BTS 2021 MUSTER SOWOOZOO」以来1年ぶりのオンラインライブということもあり、ファン待望となった本公演。

なんと197もの国と地域で配信され、大盛況のうちに幕を閉じました。

今回は、そんな「BTS PERMISSION TO DANCE ON STAGE」のセトリや視聴方法、今後の情報について徹底的に解説していきます!

防弾少年団オンラインコンサート2021、セットリスト紹介!

1.ON
2.Fire
3.DOPE
4.DNA
5.Blue & Grey
6.Black Swan
7.Blood Sweet & Tears
8.FAKE LOVE
9.Life Goes On
10.Boy With Luv(feat.Halsey)
11.Dynamite
12.Butter
13.Airplane pt.2
14.Silver Spoon
15.Dis-ease
16.Telepathy
17.Stay
18.So What
19.I NEED U
20.Save me
21.IDOL
22.Young forever
23.Spring Day
24.Permission to Dance

バンタンPTDオンコン徹底解説!ARMY人気曲が勢揃い!?

一般的にライブといえば、最新アルバムや直近にリリースされた曲をメインに披露することがほとんどです。

しかし今回のオンラインライブでは、新旧さまざまな曲を織り交ぜてたセトリが組まれていました。

最新アルバムである『BE』収録曲は「Blue & Grey」「Life Goes On」「Dis-ease
」「Telepathy」「Stay」の5曲。

さらコロナ渦以降にリリースされたものは「Dynamite」「Butter
」「Permission to Dance」の3曲。

以上を除くと、24曲中実に16曲が2020年以前にリリースされたナンバーで構成されているという、異例なセトリとなっています。

一体なぜなのでしょうか?

その理由は、今回のオリジナリティ溢れるセトリはメンバー7人自身が組んだということに由来しています。

「ARMYが喜んでくれる曲を入れた」と彼らが語るように、BTSらしいファンへの想いに満ちたものとなっているのです。

ファンからも「神セトリ!」「久しぶりの曲がたくさんで泣いた」といった声が多く挙がっています。

今回は、旧アルバムから披露された16曲の魅力について詳しく紹介していきます!

ファン歴がまだ浅いという方も古参ファンの方も、それぞれ見返して思い出に浸ってみたり、改めて歌詞やダンスを確認してみて下さい。

※本ライブの表題曲『Permission to Dance』 MV徹底解説はこちら→https://toko-blog.com/bts-ptd-mv

公演1曲目:ON(2020年リリース『MAP OF THE SOUL : 7
』収録 )

オンラインライブ 2021は、挑戦的なダンスナンバー『ON』で幕を開けました。

「持ってこい 痛みを 登ってこい 痛みを抱えて 俺が知ってるのは進むことだけ」

彼らの覚悟がビリビリと伝わってくる歌詞と、大地を強く打つような重たい振り付けが印象的です。

ダンスプラクティス動画では、足元の分厚いテーピングや傷だらけの床が確認でき、いかに激しい練習を重ねてきたかを思い知らされます。

公演2曲目:Fire(2016年リリース『Young Forever』収録 )

続いて2曲目も、曲名通り燃え上がる情熱的なダンスが特徴のナンバーです。

筆者個人的には、 Vのダンスの魅せ方が光る1曲だと思っています。

ぜひダンスプラクティス動画の躍動的なカメラワークに注目してみて下さい。

公演3曲目:DOPE(2015年リリース『The Most Beautiful Moment in Life, Pt.1』収録 )
[MV] BTS(방탄소년단) _ DOPE(쩔어)

「チョロ!」というサビの掛け声が耳から離れなくなるDOPE。

MVではメンバー全員が警察官や医師といった異なる職業のコスチュームを身に纏っています。

そのためメンバーの顔と名前を一致するのに最適な MVとして名高いので、ARMY歴の浅い方は参考にしてみはいかがでしょうか。

公演4曲目:DNA(2017年リリース『Love Yourself Sho ‘Her’』収録 )
BTS (방탄소년단) ‘DNA’ Official MV

アメリカでのBTS人気を確固たるものに押し上げたとされている『DNA』。

ジョングクの口笛と軽快なアコギサウンドで始まるこの曲は、一糸乱れぬフォーメンションダンスも見所です。

特に最後のサビ(ダンスプラクティス動画3分23秒〜)のステップは、プロのダンサーをに「難しすぎて踊れない」と言わしめるほど!

確かに足元の動きに注目してみると、素人目線でも彼らの超人的なテクニックを知ることができます。
公演6曲目:Black Swan(2020年リリース『MAP OF THE SOUL : 7
』収録 )

1曲目『ON』と同じアルバムに収録されている『Black Swan』。

しかしダンスも歌詞も力強い『ON』とは対照的な、陰りのある世界観のあるナンバーとなっています。
「舞踏家は二度死ぬ。最初の死は舞踏家が舞踏をやめるとき。そしてこの死こそが最も辛いもの」
著名な舞踏家であるマーサ・グレアムの名言でMVは始まり、この言葉をベースとして彼らのナイーブな一面が表現されています。
『ON』が「光・挑戦的・動的」な曲とすれば、『Black Swan』は「影・内向的・静的」な曲と言えましょう。

世界的な成功を収めたBTSの、息を潜めるような深い影を伺い知れる楽曲です。

公演7曲目:Blood Sweet & Tears(2016年リリース『WINGS』収録 )
BTS (방탄소년단) ‘피 땀 눈물 (Blood Sweat & Tears)’ Official MV

ギリシャ神話を元にしたと言われている、独自な世界観が特徴的な『Blood Sweet & Tears』。

あらゆるモチーフが暗喩的に現れるMVは見れば見るほど謎が深まり、どこまでも考察を深められそうです。

また、バレエや現代舞踊を基礎を長年積んできたジミンのダンスは、まさにこの『Blood Sweet & Tears』のしなやなかな振り付けで花開きます。

公演8曲目:FAKE LOVE(2018年リリース『LOVE YOURSELF 轉 ‘Tear’』収録 )

BTS (방탄소년단) ‘FAKE LOVE’ Official MV

繊細で鬱屈とした世界を繰り広げるアルバム『轉』(=転)のメインチューンである『FAKE LOVE』。

通常韓国国内で披露されるカムバック(新曲披露)をアメリカの番組で行い、なおかつ全米チャート「ビルボード200」で1位を獲得した記念すべき曲です。

かつて『起』『承』のアルバムで築き上げてきた愛を、「偽りだった」と悩み苦しむ様子が歌われています。

「君のためなら僕は悲しくても嬉しいふりをすることができた」「鏡に聞いてみる、お前は誰なんだ」という歌詞と、引き裂かれる痛みを表すような振り付け。

一見するとラブソングに思えますが、BTSというグループが世界的に知名度を上げていく一方で、20代の青年として思い悩む彼らの内側を吐露している楽曲かもしれません。

こうした人間的で切実な告白も、BTSが人種の壁を越え共感されている理由のひとつなのでしょう。

公演10曲目:Boy With Luv(2019年リリース『MAP OF THE SOUL : PERSONA』収録)
BTS (방탄소년단) ‘작은 것들을 위한 시 (Boy With Luv) (feat. Halsey)’ Official MV

アメリカのポップスシンガーであるホールジーとのコラボ曲。

鮮やかなピンクが彩る MVのイメージそのままに、歌詞もダンスも軽やかなポップナンバーです。

「Oh my my my Oh my my my」という軽快なサビでは、一緒に踊り出したくなること間違いなし!

公演13曲目:Airplane pt.2(2018年リリース『LOVE YOURSELF 轉 ‘Tear’』収録 )
BTS (防弾少年団) ‘Airplane pt.2 -Japanese ver.-‘ Official MV

異国情緒漂う1曲。フロリダ出身ソングライターのアリ・タンポジが楽曲制作に加わったこともあり、本格的なラテンミュージックとなっています。

タイトルに「pt.2」とあるように、J-HOPEのソロ曲『Airplane』と対の存在を成しています。

「雲を見る楽しみ 雲を見ながらフェードイン お前らは知らないさ 何年間の飛行のせいで マイルだけで何十万になるってこと」

こうした2番の歌詞など、一致している箇所がところどころ見つけられます。

開放的な世界でJ-HOPEの内面を歌ったパート1と、BTSというグループを取り巻く環境の変化を綴ったPt2。

2曲の歌詞やMVを見比べてみると、新たな発見があるかもしれません。

公演14曲目:Silver Spoon(2015年リリース『The Most Beautiful Moment In Life, Pt. 2』収録 )

アルバム内のサブナンバー的立ち位置でありながら、特徴的なダンスで人気の高い『Silver Spoon』。

タイトルは英語の”Born with a silver spoon in your mouth”ということわざが由来しています。

これは「裕福な家に生まれる」という意味のもの。

BTSの『Silver Spoon』は、この俗言を皮肉するような、いかにもヒップホップらしい意味を持っています。

一言では説明しきれない隠喩表現を多分に含んでおり、韓国の格差社会問題へのアンチテーゼとも、BTSの成功を妬む人々に向けた揶揄とも言われています。

公演18曲目:So What(2018年リリース『LOVE YOURSELF 轉 ‘Tear’』収録 )

アンコールナンバーとしてお馴染みの1曲。

サビの弾けるような「So What!」の掛け声とともに花火が上がるのがライブでは定番になっていました。

この曲を聞くと、1日も早く生でBTSを拝める日がきて欲しいと自然に願ってしまいます。

公演19曲目:I NEED U(2015年リリース『花様年華 Pt.1』収録 )
BTS (방탄소년단) ‘I NEED U’ Official MV (Original ver.)

[CHOREOGRAPHY] BTS (방탄소년단) ‘I NEED U’ Dance Practice

BTSがデビュー以降初めて音楽番組で1位を手にしたメモリアルナンバー。

ヒップホップ感を押し出したそれまでのコンセプトとは売って変わり、青春の儚さと苦悩を表現しています。

そしてこの『I NEED U』のMVからBTSの長い物語は始まり、今なお続いているのです。

MVに登場するキャンディーや炎といったあらゆるアイテムは、現在の映像作品に至るまで様々なシーンで転用されています。

謎が謎を呼ぶ非常に興味深い構成になっているので、こちらもまた考察を膨らませる楽しみがあるのです。

公演17曲目:Save Me (2016年リリース『Young Forever』収録 )
BTS (방탄소년단) ‘Save ME’ Official MV

[BTS – Save Me] Comeback Stage l M COUNTDOWN 160512 EP.473

「その手を伸ばして 僕を助けて」という痛切な語りかけが胸に響く『Save Me』。

ワンカットで撮影された MVは、繊細な歌詞世界を表現しながらも、一糸乱れぬダンスを惜しみなく捉えた迫力満点のものとなっています。

また、この曲は『Love Yourself 結 ‘Answer’』に収録されている『I’m Fine』という曲がアンサーソングとなっています。

[BTS – Save Me+I’m Fine] Comeback Stage | M COUNTDOWN 180830 EP.585

彼らの抱える葛藤が2年の時を経て解けてゆく道のりを辿ることができるので、ぜひ歌詞・ダンス共に比較観賞してみて下さい。

公演21曲目:IDOL (2018年リリース『Love Yourself 結 ‘Answer’』収録)
BTS (방탄소년단) ‘IDOL’ Official MV


[CHOREOGRAPHY] BTS (방탄소년단) ‘IDOL’ Dance Practice

アジア人アイドルであるBTSがアメリカで爆発的な人気を獲得し始めた頃にリリースされた『IDOL』。

「お前は俺をアーティストと呼ぶことができるか 俺をアイドルと呼ぶことができるか それとも その他の何かと呼んだって 俺は気にしない」

痛烈な歌い出しから始まるこの曲は、「自分自身を愛そう」というBTSのメインテーマが凝縮されています。

韓国民族音楽のサムルノリを織り交ぜている他、MVの背景にはサバンナ砂漠や清獅子舞といった多国籍文化が入り混じっています。

世界で活躍する真っ只中で「韓国人」というアイデンティティを確立してきたBTSにしか歌えないナンバーと言えるのではないでしょうか。

公演22曲目:Young forever(2016年リリース『Young Forever』収録 )
BTS (방탄소년단) ‘EPILOGUE : Young Forever’ Official MV

アルバムの表題曲であると同時にエピローグを飾る『Young Forever』。

「永遠の観客がいなくても 僕は歌い続ける」という歌詞が、コロナ渦の今では重みをもって聴こえますね。

後半でつぶやくように繰り返し歌われる「夢、希望、前進、前進」というフレーズもまた、どんな困難も共に進もうというメッセージなのではないでしょうか。
公演23曲目:Spring Day(2017年リリース『YOU NEVER WALK ALONE』収録 )

『Spring Day』は、2014年に韓国で起きた「セウォル号沈没事故」で命を落とした学生に向けた哀悼歌です。

「どれだけ待てば いくつ夜を数えたら 君に会えるのかな」

「寒い冬が終わりを迎えて また春の日が来る時まで 花が咲く時まで そこで少し待ってて」

遠くに行ってしまった尊い命を想った歌詞が綴られています。

しかし今回のオンラインライブでメンバーがこの曲をセレクトしたことを考えると、また違った景色が見えてくるようです。

コロナは世界中に長い冬をもたらしました。打撃を受けた職業は数知れず、BTS自身も予定していたワールドツアーは中止を余儀なくされました。

永遠とも思えるほどの長い冬を耐えて、ようやく春の兆しが見えてきた今日この頃。

BTSは歌詞を通じて「もう少しだけ待っていてね」と優しく語りかけてくれているようです。

実際メンバーも「ファンへの気持ちを歌いたくて選曲した」とライブ中にコメントしていたようです。

雪解けはきっともう間近、そんな希望をもたらしてくれる1曲のように聴こえてきます。

オンコン「BTS PERMISSION TO DANCE ON STAGE」見逃し視聴方法は?今後のライブ予定は?

盛り沢山のセトリを披露してくれた「BTS PERMISSION TO DANCE ON STAGE」、見逃してしまった・もう1度見たいという方も多いのではないでしょうか。

残念ながらストリーミング配信も2021年10月31日に終了しており、現在はDVD等の発売を待つしかありません。

今回のオンコンじゃなくても、過去のライブ映像や特集を見たい!という方は、

・スカパー
・U-NEXT
・Hulu
・ABEMA

以上のサービスで配信されているようですので、ぜひ検討してみて下さい。

 

そして12月には、なんと2年ぶりのオフラインコンサートが決定しているのです!

BTSのLA公演は、アメリカ・ロサンゼルスにある「SoFiスタジアム」にて行われます。

開催日は以下の通りです。

・2021年11月27日(土)
・2021年11月28日(日)
・2021年12月1日(水)
・2021年12月2日(木)

会場のチケットは既に売り切れているようですが、日本でもストリーミング配信が実施されることが決定しています。

ストリーミング配信日程は以下の通り!

・日時:日本時間12月3日(金) 12:30 開演
(現地時間: 12月2日(木) 19:30 開演)

・チケット購入方法:BTS Weverse Shop JAPAN(アプリ)

・チケット価格

①4Kシングルビュー + HDマルチビュー (数量限定): 6,130円 (税込)

②HDマルチビュー: 5,100円 (税込)

公演中止やオンラインを経て、ようやく待ちに待ったオフラインコンサートです。ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか!

まとめ

今回は「BTS PERMISSION TO DANCE ON STAGE」のセトリや視聴方法、今後のライブについて解説・紹介してきました。

BTSは常にファンへの愛や感謝を届けてくれるグループとして広く知られています。

本公演もファンが待ち望んでいた過去の名曲が盛り沢山で、彼らからのあたたかな想いが伝わってくるようでした。

そして、長い冬を越えてようやく実施に至ったオフラインコンサート。

「開けない夜はない」とはよく言いますが、行き先でキラリと光る希望をBTSは差し伸べてくれるようですね。

今後のライブや楽曲も、きっと期待以上のものをリリースしてくれることでしょう。