エンタメ

ENHYPEN(Given-Taken)日本語訳と歌詞の意味を詳しく調査!

Pocket

今回はENHYPEN(Given-Taken)日本語訳と歌詞の意味を詳しく調査!という内容でお届けしていきます。

2020年11月30日でデビューを果たした新星歌手アイドルグループのENHYPENから、デビューアルバム「BORDER : DAY ONE」がリリースされ、その中でもGiven-Takenが注目されていますね!

そんなGiven-Takenは、どんな意味で歌われているのか気になりませんか?

そこでENHYPEN(Given-Taken)日本語訳と歌詞の意味を詳しく調査!と題して、Given-Takenの日本語訳の歌詞の掲載と同時に、歌詞の意味を見ていきましょう!

ENHYPEN(Given-Taken)日本語訳

世界の注目の的となっているENHYPEN!

Given-Takenなど6曲が収録されている「BORDER : DAY ONE」デビューアルバムをリリースし、ますます人気上昇中です!

2021年1月18日のCDTVライブライブでは、日本初のフルサイズで披露してくれます。

そんなGiven-Takenはどんな曲なのか、日本語訳を見ていきましょう。

ENHYPEN(Given-Taken)の日本語訳をチェック!

official music video⇒https://www.youtube.com/watch?v=nQ6wLuYvGd4

初日の目覚め

初日の朝

照明が照らされる

太陽の視線

その光は僕を燃やして
その光は僕の目を遮ったんだ

でも僕はもう行くよ 夢を追いかけて

赤い太陽に飛び込むんだ 嘘はつかないよ

無数の星 無数の月

質問の森をささまよっていた僕

暗闇の中のあの光についてきた

向かう路線の向こうの僕を呼ぶ君

君を呼ぶ僕

(To you)

運命の矢は雨の中で

(To)

向かい合って僕の中の境界線

(Free)

与えられても奪われても

僕の赤い目の色

(To you)

僕はすでに世の中を覆す

(To)

空に僕の足を踏み出して

(Me)

与えられても奪われても

僕の真っ白な牙

Oh 僕は君へ歩いていくよ

二つの世界を繋ぐから

僕の赤い目の色

Oh 僕は君へ歩いていくよ

新世界に届く時まで

僕の真っ白な牙

僕の後ろには数千個の疑念

僕の後ろには数万個の不信

でも僕はもう行くよ 夢を追いかけて

人生の問題をドライブスルー

与えられたことと獲得することの間

証明の分かれ道に取り残された僕

あの空を僕達は待っていた

向かう路線の向こうの僕を呼ぶ君

君を呼ぶ僕

(To you)

運命の矢は雨の中で

(To)

向かい合って僕の中の境界線

(Free)

与えられても奪われても

僕の赤い目の色

(To you)

僕はすでに世の中を覆す

(To)

空に僕の足を踏み出して

(Me)

Given or taken oh
与えられても奪われても

僕の真っ白な牙

赤血

あの王冠に

あの血は流れる血

赤血

君に向けた僕の指先は赤い色に染まっていく

では僕はもう行くよ

(To you)

運命の矢は雨の中で

(To)

向かい合って僕の中の境界線

(Free)

与えられても奪われても

僕の赤い目の色

(To you)

僕はすでに世の中を覆す

(To)

空に僕の足を踏み出して

(Me)

与えられても奪われても

僕の真っ白な牙

Oh 僕は君へ歩いていくよ

二つの世界を繋ぐから

僕の赤い目の色

Oh 僕は君へ歩いていくよ

新世界に届く時まで

僕の真っ白な牙

ENHYPEN(Given-Taken)の歌詞の意味とは?

ENHYPENのデビューアルバムに収録されているGiven-Taken。

タイトルからも意味が深そうな感じが漂っていますが、どんな意味で歌われている曲なのか調査していきました。

Given-Takenの主人公は吸血鬼

舞台となるのは、とある孤児院。

監視下にある彼らは、自分たちの本性をよく知らないまま生きていました。

MVでの冒頭シーン(鼻血を流すジョンウォン)は最後のシーンでもあり、時系列が逆になっているようです。

ここで注目は、だんだんと吸血鬼化していくENHYPENのメンバーたちです。

あまりにも情報量が多いので、様々な考察がネット上で話題になっています。

  1. 元凶はジョンウォン、吸血鬼だったのを抑えていた
  2. 吸血鬼になってしまった自分は、夜を彷徨う
  3. 吸血鬼=太陽の元で生存できない
  4. 吸血鬼になったからには人間の生活には戻れない(Given-Taken)

初日の目覚め

初日の朝

照明が照らされる

太陽の視線

その光は僕を燃やして
その光は僕の目を遮ったんだ

でも僕はもう行くよ 夢を追いかけて

赤い太陽に飛び込むんだ 嘘はつかないよ

無数の星 無数の月

質問の森をささまよっていた僕

暗闇の中のあの光についてきた

向かう路線の向こうの僕を呼ぶ君

君を呼ぶ僕

ENHYPENが新しい世界を築く

歌詞の意味を解いていくと、中盤ではジョンウォンをはじめ、すべてのメンバーが吸血鬼になってしまうことがわかります。

太陽の空の下吸血鬼は活動できないのが普通ですが、メンバーの協力の元、鼻血を出してでも光の中活動できるようになります。

ここから人間の世界ではなく、吸血鬼が人間界を征服するんだ!=ENHYPENが新しい世界を築くんだ!という意味にも捉えられますね!

与えられても奪われても

僕の真っ白な牙

Oh 僕は君へ歩いていくよ

二つの世界を繋ぐから

僕の赤い目の色

Oh 僕は君へ歩いていくよ

新世界に届く時まで

僕の真っ白な牙

僕の後ろには数千個の疑念

僕の後ろには数万個の不信

でも僕はもう行くよ 夢を追いかけて

人生の問題をドライブスルー

与えられたことと獲得することの間

証明の分かれ道に取り残された僕

あの空を僕達は待っていた

向かう路線の向こうの僕を呼ぶ君

君を呼ぶ僕

真っ赤な目に、白い歯はまさに吸血鬼。

人間界と吸血鬼の世界二つを繋げ、例え疑念や不信があろうとも、新世界が届くまで自分たちは歩いていく強い信念を感じさせます。

まさにこれからというENHYPENらしい、楽曲に感じます!

ENHYPEN(Given-Taken)についての声

ENHYPEN(Given-Taken)についての声をまとめていきました!

ネット上では意味深な歌詞を含むGiven-Takenについて、様々な考察があげられていました!

そんなファンに考えさせるほどの楽曲が作れるのもENHYPEN(Given-Taken)の良さですよね。

まとめ

ENHYPEN(Given-Taken)日本語訳と歌詞の意味を詳しく調査!という内容でお届けしていきました。

ENHYPEN(Given-Taken)は日本語訳をみると、意味が深いことが分かりますね。

様々な考察はありましたが、ENHYPEN(Given-Taken)という曲でENHYPENの新しい世界をこれから作っていく強い信念と意志があると考察しました。

みなさんはENHYPENのGiven-Takenはどんな意味が含まれていると感じましたか?