エンタメ

呪術廻戦は話が難しい?内容やあらすじをわかりやすく解説!

この記事では、呪術廻戦は話が難しい?内容やあらすじをわかりやすく解説!と題してお届けしていきます!

週刊少年ジャンプで連載中の大人気漫画「呪術廻戦」。

呪術廻戦は話の内容が難しく、能力や技名の設定がややこしいと読者も困惑状態のようです。

話の設定は面白いのに、内容やあらすじを理解できずにいるとせっかくの漫画も上手く楽しむことができないですよね。

そこで今回は呪術廻戦の話はどこが難しいのか調査しながら、内容やあらすじをわかりやすく解説していきます!

呪術廻戦は話が難しい?


2018年14号から週刊少年ジャンプで連載をし、今年で2周年突破した呪術廻戦。

多くのファンがいる中、話が難しいと内容理解に困惑する読者もいるようです。

能力や技名の設定がややこしい?


呪術廻戦には、能力や術式の効力を挙げるのに、自分に誓約をしていかなければならない、という設定になっています。

そして各キャラクターには多くの技名が登場します。

例えば虎杖悠仁なら「逕庭拳(けいていけん)」など、結構難しい漢字が並べられたり、聞き覚えのない名前が出てくるので覚えるのも大変かもしれません。

克服するには何度も読み返すか、全てを読むのではなく拳だから、殴る技!とかみ砕いていくと良いかもしれません。

専門用語がわからない

漫画を読み進めていくと呪術廻戦にだけしか使われない、専門用語が多く出てきます。

出てきた専門用語には1度限り説明がつくのみで、その専門用語を知らないと読者は置いてきぼりにされてしまうようです。

特に使われている専門用語をわかりやすく見ていきましょう。

呪術廻戦の専門用語はどんなものがある?

呪術廻戦の中で最も使われている専門用語を見ていきましょう。

  • 呪術師:呪いの力を身に着けた人間
  • 呪詛師:呪いの力を利用し、人を殺す商売をする人間(敵役)
  • 術式:呪いの力を身に着けた人の能力を発生させ使う事
  • 生得術式:元々備わっている術式
  • 非術師:一般の人間
  • 御三家:呪術師の名門「加茂家・五条家・禅院家」
  • 天与呪縛:呪術は使えない、身体能力のある人間
  • 領域展開:自分に都合の良い空間を作り出す「最強必殺技」

呪術廻戦の内容やあらすじをわかりやすく解説!


呪術廻戦がよくわかならい皆さんに、内容とあらすじをわかりやすく解説していきます!

呪術廻戦の内容やあらすじ①舞台はどこ?

物語の舞台は「現代」の日本。

この世は人間の感情から生まれる【呪い】が存在し、その呪いが集まることで、人間に悪影響を与え病気が生まれたり、悪霊が【呪霊】となり、人間に被害を与えたりするようになります。

この呪いに抵抗できる力を持っている【呪術師】は、一般の人間にはできない呪いを操ったり、使うことができるため、【呪い】と世界の調和を守っています。

呪術廻戦の内容やあらすじ②主人公は?

主人公となるのは【呪い】とは全く無縁の生活を送っていた虎杖悠仁(いたどりゆうじ)

宮城県に住む普通の高校生です。

そんなある日、オカルト研究部の先輩が、学校に保管されていたを無断で持ち出してしまいます。

両面宿儺(りょうめんすくな)という呪いの王の遺品だという『宿儺の指』。

封印が解けると邪悪な悪霊を呼び寄せるという代物。

このこと虎杖は、発生してしまった呪霊から人々を守るため、思いつきでで『宿儺の指』を飲み込んでしまいます。

これで虎杖は滅多にいない『宿儺の器』という適合者となり、呪いの王を宿す身体になってしまうのでした。

その場にかけつけた呪術師・伏黒恵は虎杖を抹殺しようとします。

しかしもう一人の呪術師・五条悟は、これを上手く利用しようと、虎杖を呪いの扱い方学ばせるため、東京都立呪術高等専門学校(呪術高専)に通わせるこにしました。

呪術廻戦の内容やあらすじ③呪術を学ぶ学校へ

虎杖の呪いを学ぶ日々がスタート!

教師を務める最強の呪術師の五条の下で、同級生となった伏黒や釘崎野薔薇と共に呪霊を倒す実習に参加するようになった虎杖、困難な状況に陥るも、うまくくぐり抜けていきます。

そして特級呪霊、真人(まひと)という存在を知った虎杖は、罪のない少年達を殺してきた真人に対し対し、生まれて初めてのは殺意を抱きます。

呪術高専京都校では例年通り、生徒たちが力を競い合う交流会が開かれることになりました。

交流会に参加する虎杖を危険視する京都校の上層部は、生徒に命じて交流会の中で虎杖を抹殺してしまおうと企みます。

そんな中、特級呪霊たちが呪術高専を襲撃。

虎杖は京都校の東堂の助言を受け、東堂と共に呪霊たちを退けることに成功します。

呪術廻戦の内容やあらすじ④五条救出作戦

着々と任務を遂行していき、経験を積んでいく虎杖。

そんな中、呪術師と対立関係にある特級呪霊たちは、呪術師達に対し、大規模な反抗を計画します。

狙いは五条を封印することです。

五条は一人の力でも、呪霊と人間のパワーバランスを崩すほどの実力者なのです。

五条さえ無力となれば、圧倒的に呪霊側が有利となり、呪霊中心の世界を作り上げることが出来るからです。

作戦を練った呪霊側の主要メンバーの中には、五条の級友である夏油傑の姿も。

人が最も集う渋谷に罠を張った呪霊たちは、五条の封印に成功してしまいます。

このままでは人間に被害が及び、世界のパワーバランスが崩れてしまいます。

状況を打開するため、虎杖を含めた呪術高専の生徒達は、五条救出のため作戦に出るのでした。

呪術廻戦についてのみんなの声

呪術廻線についてネット上の声を聞いていきましょう!

話が難しいと感じている人や、そうでない人もいるようですね。


 


 


呪術廻戦は少し難しいと感じる部分はあるけれど、面白いのは間違いないと、読者の皆さんのお墨付きですね!

まとめ


呪術廻戦は話が難しく感じるのは、呪術廻戦にしかでてこない専門用語が多々出てくるからのようですね。

漢字も多く出てくるので、サラっと漫画を読みたい方には難しく感じるのかもしれません。

ですが内容やあらすじを理解していけば、なんとなく難しい部分も解決していきます。

難しい部分もかみ砕いて理解していくと、わかりやすくなってくるのではないでしょうか。

ストーリー設定やキャラクターが魅力的で読めば読むほど面白くなってくる漫画なので、是非一度手に取ってみてはいかがでしょうか?