映画

【キミスイ】桜良の死因は病気?通り魔殺人のオチに隠された意図とは?

小説原作の「君の膵臓を食べたい」、アニメ化やドラマ化、様々なメディアで話題になりました。【キミスイ】桜良の死因が病気ではなく通り魔殺人のオチに隠された意図を調査していきます!

ファンの間では【キミスイ】とも呼ばれ親しまれていますね。

そんな実写版映画【キミスイ】ですが、桜良の死因が病気ではなく、誰しもが予想だにしなかったオチに皆さん疑問を持っているようです。

なぜ死因が病気ではなく通り魔殺人なのか、オチに隠された意図が気になりますよね。

【キミスイ】死因が病気ではない理由


桜良は病気で死ぬのではと思っていたところ、通り魔殺人で桜良は殺されれしまいました。

【キミスイ】の桜良の死因が病気ではなかった理由とは何なのか、実写版映画のオチに隠された意図を探っていきます!

桜良の病名は?

桜良の病名は、作者の住野よるさんによると今の医学界にはない「架空の病気」と言われています。

原作では20××年の話となっており、これは今現在の話ではなく近未来の話であることがわかります。

アニメでは医療が発達した近未来のせいか、例え膵臓癌でも美味しいものを食べたり活発に動くことができていますよね。

ですが映画では、桜良が亡くなって12年後を現在に設定していました。

つまり2003年に発病したという設定なので、本来なら自由に動き回るのは困難いかなともいます。

原作者が架空の病気と話しているので、難しい病気であることを印象付けたかったのではないかと考えます。

通り魔による犯行に隠された意図とは?

病気で死ぬというオチを想像していたのを覆す、通り魔による犯行に隠された意図を調査していったところ、付箋が数々の場面で張られていることがわかりました。

 

  1. 図書館の新聞
  2. 作中のテレビニュース

 

図書館で2人で話をしている時に、チラっと映った通り魔事件のニュース。

これが事件のふせんと言えますね。

ですが、桜良が通り魔殺人事件に関係してしまうなんて、視聴者の皆さんは思ってもいなかったでしょう。

ではなぜ死因が通り魔だったのでしょうか。

それは「人間はいつどこで死ぬかわからない」というメッセージを作者が伝えたかったのではないでしょうか。

誰も知らない人に刺されるかもしれない、突然の病で倒れるかもしれない、だから「今を大事に生きてほしい」そんな願いが込められているのかと思います。

【キミスイ】通り魔殺人の犯人は誰?


通り魔殺人の犯人は誰?桜涼を殺したのは一体誰なのか?

通り魔殺人の犯人にスポットライトを当て調査していきました。

元カレのクラス委員長

桜良を殺したのは、元カレのクラス委員長ではないかという噂があります。

作中でも桜良と春樹(僕)が仲良くしているのが気に食わない、そして桜良にフラれた後も桜良にしつこかった印象がありますよね。

また桜良の家の周りをうろついたり、ストーカー気質で、春樹を殴る場面までありました。

このことで悪い印象が付き、元カレが桜良を殺したのでは?という考察ができますが、実際は違い桜良を殺したのは、元カレのクラス委員長ではありません。

なぜ桜良を殺したのか?

なぜ桜良は殺されてしまったのか、真犯人は誰でもない「通り魔」です。

作中では役名も何もありませんでしたね。

「通り魔」というのは名も知らない人に殺されることです。

その通り魔も、桜良が膵臓の病気を患っていることは知りません。

桜良も、通り魔に殺されると知りません。

ですが、運がちょうど悪く、その場に居合わせたから、偶然殺されてしまったというのが真実ではないでしょうか。

このような非常に残念なオチに、視聴者の皆さんはどのように感じたのでしょうか?

ツイッターでの声を見ていきましょう。

【キミスイ】通り魔の犯人やオチにみんなの声は?


 


 

【キミスイ】通り魔のオチに皆さん驚きの様子を隠せないようです。

まさかの展開にびっくりですよね!

まとめ


【キミスイ】桜良の死因が病気ではなく通り魔殺人のオチに隠された意図をまとめていきます!

桜良の死因が病気ではないのは、人はいつ死ぬかわからないというメッセージ性を感じさせます。

そして桜良のことを何も知らない通り魔殺人で殺されてしまうオチも、伝えたいことを考えると納得ですね。

【キミスイ】の伝えたかったことは一瞬一瞬を大事に生きよう、そして時間と命の大切さを考えさせられる映画だと思いますね。