2021ドラマ

リコカツ1話あらすじと考察ネタバレ感想も一緒に紹介!

インタビューイメージ
Pocket

今回はリコカツ1話あらすじと考察ネタバレ感想も一緒に紹介!という内容でお届けしていきます。

2021年4月金曜放送予定の春の新ドラマ「リコカツ」は、主演に北川景子さんを迎えて、交際ゼロ日婚から離婚を巡り展開されるオリジナルストーリー!

そんな”リコカツ”の1話あらすじと、1話はどんな話で展開されるのか考察ネタバレと感想を交えながら、今まで見たことない物語であるリコカツを魅力たっぷりに紹介していこうと思います!

リコカツ1話あらすじと考察ネタバレ

2021年4月放送開始のドラマ「リコカツ」!

リコカツとは婚活とは真逆の位置に立つ、離婚活動の意味を指します。

このリコカツという言葉と、ドラマがどのように繋がっていくか気になりますよね。

そんなリコカツの1話あらすじと、1話の考察ネタバレをしていきます。

リコカツ1話あらすじ

リコカツは結婚した夫婦での生活で、誰もが一度は考える”離婚”についての話をポジティブなホームドラマに仕上げている作品。

誰しもがマイナスのイメージがある離婚について新しい観点を与えてくれる内容になっています。

主演に北川景子さんが演じる妻の「水口咲(みずぐち さき)」と、永山瑛太さん演じる夫の緒原紘一(おばら こういち)の豪華共演で、1話では運命的な出会いからスタートしていきます。

そんなリコカツ1話のあらすじを早速見ていきましょう。

【リコカツ1話あらすじ】

大手広告代理店勤務の父親と、美魔女モデルの母親のもとで自由に育ってきた娘・水口咲(北川景子)は、ファッション編集社のベテラン編集長として働き、多忙な毎日を過ごしていました。

そんな咲と運命的な出会いを果たすのが緒原紘一(永山瑛太)です。

紘一は航空自衛隊に編成されている航空救難団のエース隊員であり、咲とは真逆の厳格な家庭で育ったため性格が固く、まさに絵にかいたようなカタブツ人間です。

そんな正反対の2人は運命の出会いを果たし、交際ゼロ日婚で華やかな挙式をあげ結婚生活をスタートすることになります。

しかし生活の仕方や価値観が全く違う2人は、新婚生活に求める意見の食い違いで喧嘩をしたり、全くと言っていいほど関係がうまくいきません。

結局結婚して早々に離婚を考え始める2人ですが、家族含め友人や周りから大きく祝福されたため、なかなか離婚するということを打ち明けることが出来ない状態でした。

そんな2人は周囲にバレないように自然に離婚をするために”リコカツ”という離婚活動をし始めるのでした…。

リコカツ作品情報

  • 作品タイトル:リコカツ
  • 放送日:2021年4月(金)
  • 放送局:TBS金曜ドラマ枠
  • 脚本:泉澤陽子
  • プロデュース:植田博樹/吉藤芽衣
  • 演出:坪井敏雄/鈴木早苗/韓哲/小牧桜
  • 公式ページ:https://www.tbs.co.jp/rikokatsu_tbs/

【出演者一覧】

水口咲(みずぐち さき):北川景子
緒原紘一(おばら こういち): 永山瑛太

鹿浜 楓(しかはま かえで):平岩 紙
鹿浜梓(しかはま あずさ):夏野琴子

緒原薫(おばら かおる): 宮崎美子
緒原正(おばら ただし ):酒向 芳

水口美土里(みずぐち みどり):三石琴乃
水口武史(みずぐち たけし):佐野史郎

リコカツ1話考察ネタバレ

価値観の全く違う2人は一緒に過ごしているだけでも窮屈。

そんな生活を続けるわけにはいかないと思ったのでしょう。

運命的の出会いに関わらず”リコカツ”となった咲と紘一は今後どうなるのか気になりますね。

1話のあらすじから考察ネタバレをしていきます。

咲と紘一の価値観の違い

父親は大手広告代理店勤務の社員、そして母親はモデルの仕事をしている美魔女の元の間ですくすく元気に自由に育てられてきた咲。

咲の家柄はとても現代風で、友達親子のように仲の良い家庭ではないでしょうか。

咲の性格は自分に正直なところがポイントです。

ファッション雑誌の編集長に務める咲は、仕事でもその正直さが評価され、明るく前向きな咲の仕事ぶりに部下にも慕われいそうですね。

そんな咲とは全く違う生活ぶりを見せているのは、今後咲の夫になる紘一です。

紘一は航空自衛隊の航空救難団のエース隊員。

この職柄から性格を読み解くと、正義感がとても強く性格も頑固な感じがしますね。

そんな紘一の家は、父親は同じく公務員や自衛隊で、母親は教師の可能性もあります。

厳格な家庭で育ってきた紘一は、食事の時にテレビを見るなんて許されなかったり、亭主関白な父親の背中を見て育ったのではないでしょうか。

ここで2人は同じ人間でも全く違う環境で育ってきたことが分かると思います。

もちろん価値観も全く違うでしょう。

咲と紘一の出会いは?

咲はファッション雑誌の編集長で多忙な日々を過ごしているので、結婚をそろそろ考えようにもなかなかいい出会いが見つからないようです。

咲はとてもピュアな人物で、一目ぼれした相手が運命の相手だと信じ込んでいるようでした。

そんな中、紘一も日々多忙を極めていて結婚する機会を逃していました。

紘一は同僚や両親からそろそろ結婚はどうだ?と迫られるかもしれません。

共通点が全くない2人の出会いとなるのは、咲のファッション誌の特集の関係ではないでしょうか。

または何か事件が起きて救助隊として救助しにきた紘一に、咲は一目ぼれをするのかもしれません。

危機を救われた相手に女性は恋に落ちやすいと言いますね。

正直者の先は、なりふり構わず紘一に告白をします。

ちょうど結婚相手を探していた紘一も交際ゼロ日で、告白を承諾し、すぐにゴールインします。

あまりにも早いゴールインに両親もびっくりするかもしれませんが、結婚を願っていたため祝福モード。

咲や紘一の知人友人も2人が結婚したことに大喜びでした。

新婚生活で2人は衝突

一目ぼれした相手が運命の人だと信じ込み、すぐに結婚した咲は、新婚生活で結婚はそう甘くないと悟り始めます。

頑固でカタブツな紘一と、自由で正直者の咲は全く価値観が違うのです。

咲の価値観では、夫婦は生活を共にしていくのだから家事も分担するのが当たり前と思っています。

それは咲の家庭が分担スタイルだったからでしょう。

ですが紘一は男は仕事、女は家事をするものだと思っています。

それは父親が亭主関白だったからでしょう。

もちろん、片付けは全くしてくれないし、家事の手伝いもしない紘一に咲は不満が溜まってきますよね。

毎日のように喧嘩した結果「私たちは合わない」という結論を出します。

そこで2人は離婚をしようと決意したものの、華やかな結婚式をし、友人知人、両親からも祝福されたばかりなので、なかなか離婚すると言っても簡単にはできません。

離婚をうまくするために、咲と紘一はここではじめて”夫婦共同作業”として”リコカツ”を始動させるのです。

ここから息がぴったり合い始めた2人に、心境の変化は現れるのでしょうか。

また、無事に離婚が成立するのでしょうか…。

咲と紘一の”リコカツ”という離婚からはじまる新婚生活の始まりです!

リコカツ1話感想

全く価値観が違う2人が、一番最初に息を合わせたタイミングは離婚するときでした。

リコカツ1話をについての視聴者のコメントや、リコカツの感想について書いていきます。

リコカツ1話の感想は?

リコカツは2021年4月金曜に放送スタートします。

具体的な感想はまた追記していきますが、ここであらすじや考察した結果を踏まえて感想を書いていこうと思います。

現代において離婚率は上がっていく一方のようです。

昔と比べ結婚も離婚もしやすくなりました。

咲と紘一は価値観の違いでお互いを知らないがために離婚してしまうのですが、これは一体不幸な離婚なのか、それとも幸せな離婚なのか考えさせられそうです。

公式サイトを見ると、あらすじの他に名言が書かれています。

「離婚は事実において結婚の破壊ではない。
むしろ、結婚を維持する第一条件である」
(バーナード・ショー)

咲と紘一は、ぶつかり合い離婚を決意することによって、初めてお互い支え合おうと励みます。

むしろ離婚を考えたおかげで、咲と紘一は理解し合うことができるかもしれないと思いました。

夫婦は危機的状況になると、お互いのことを真剣に考え始めます。

離婚はまだマイナスなイメージが多いですが、その価値観を覆す内容が登場してきそうです。

タイトルにはリコカツとあるものの、本当に咲と紘一は離婚するのかも見どころですね!

まとめ

リコカツ1話あらすじと考察ネタバレ感想も一緒に紹介!という内容でお届けしていきました。

リコカツ1話のあらすじを見ていきましたが、いかがでしたでしょうか。

離婚から始まる咲と紘一の新婚生活は賛否両論となっていきそうですが、2人が幸せならリコカツも悪くないと思います。

考察では咲が紘一に一目ぼれするとなる設定にしましたが、皆さんはどう思いましたか?

1話では咲と紘一の違いが冒頭に登場してきそうなので、どのくらい2人は価値観に違いがあるのかそこをポイントに見ていくと面白そうです!

いよいよ2021年4月から放送されるので、皆さんどうぞお見逃しなく!

韓国の最新ファッションならCodibook
Pocket