人物

【藤井聡太氏】若干19歳で3冠達成した瞬間→不二家のコロコロしばちゃんが大人気!

Pocket

【藤井聡太3冠達成】

この記事では以下について書いています。

・『藤井聡太3冠達成』

・『不二家のコロコロしばちゃんが大人気』

・『八大タイトル』

・『今後に注目』

・『まとめ』

それでは見ていきましょう!

『藤井聡太3冠達成』

2021年9月13日、東京の将棋会館で叡王戦が開催され、藤井聡太2段が豊島将之叡王を破り、3冠を達成しました。3冠同時保持は10人目で、今まで最年少記録を持っていた羽生善治さんを抑えての史上最年少記録となりました。

藤井聡太3冠はプロ入り後も勝率8割を超えており、2021年の記録は26勝5敗と驚異的な数字となっています。

段位が上がると将棋を打つ相手のレベルも上がりますが、藤井聡太3冠のレベルも高く次々と勝利しています。

藤井聡太3冠に敵なしとまでも考えさせられる内容で驚くばかりですね。

今回のタイトル獲得で、叡王・王位・棋聖の3つのタイトル保持者となりました。

おやつの不二家のコロコロしばちゃんが大人気

藤井聡太3冠のおやつで一気に人気になった不二家のコロコロしばちゃんイヌの顔。


やはり一気に人気売り切りとなっている様子です。

くまさんのは前からあって知ってましたが藤井効果もあり不二家で売り切れ店が多いようです。

『八大タイトル』

将棋界では、今回藤井聡太3冠が獲得した叡王というタイトルのほかに、

竜王・名人・王位・棋王・王将・王座・棋聖という7つのタイトルがあります。

叡王も含め、将棋の八大タイトルとも言われ、棋士ならば誰もが挑戦したいタイトルでもあります。

この中で7冠を達成した人物がいます。それが、誰もが知る羽生善治さんです。

羽生さんはこの八大タイトルを今までに99回獲得し、あと1つのタイトル保持で前人未到の100期獲得となり、今まさに将棋界が盛り上がりを見せています。

そして、まだ誰も8冠を達成したことがなく、その8冠にもっとも近いと言われているのが羽生善治さん、そして藤井聡太3冠です。

藤井聡太3冠は今までにも連勝記録などを打ち出し、羽生善治さんに引けを取らないほどの実力をつけてきています。

今後のタイトル挑戦に注目が集まりますね。

『今後に注目』

将棋界が盛り上がりを見せる中で記録を出し続ける藤井聡太3冠。

彼の小学校時代の夢は「名人を超える」ことです。名人とは、八大タイトルの一つにもなっており、名だたる棋士がそのタイトルを勝ち取ってきました。

その挑戦権はまだ藤井聡太3冠にはないですが、はやければ2022年にも挑戦権の獲得チャンスが来るとの予想がされています。

今まさに将棋のレベルも上がり続けている藤井聡太3冠に太刀打ちできる相手が現れるのか?

そして藤井聡太3冠はタイトル全制覇の8冠を達成できるのか、今後に注目が集まります。

『まとめ』

今回は、藤井聡太3冠達成についてまとめました。

史上初の記録を出し続ける若きホープは今後の将棋界をさらに盛り上げてくれること間違いなしです。先人たちの気付きあげてきた将棋の歴史あるタイトルを今の若い世代へ繋げてくれる架け橋にどうなるのか、今後に注目が集まりますね。

韓国の最新ファッションならCodibook
Pocket