2020ドラマ

せんけすは暗殺教室のパクリ?タイトルの意味や原作のあらすじ内容を調査!

この記事では、せんけすは暗殺教室のパクリ?タイトルの意味や原作のあらすじ内容を調査!と題してお届けしていきます!

『先生を消す方程式』通称せんけすは、2020年10月31日から放送スタートされる異色溢れる学園サスペンスドラマ!

キャッチコピーは「私を殺したいですか?そういうの嫌いじゃないです」から考えると、どこか暗殺教室の雰囲気を匂わせているせいか、もしかしてパクリ?という意見も寄せられているようですね。

そんなせんけすは、どんなドラマとなっているか、元になった原作やあらすじが気になる人も多いと思います。

そこで今回は、暗殺教室のパクリなのかどうか、明らかにしていくため、せんけすのタイトルからドラマの意味と、ドラマの原作あらすじ内容を調査していきました!

せんけすは暗殺教室のパクリ?


主演の田中圭さんが、謎の笑顔が怪しい高校教師を演じ切るせんけす(先生を消す方程式)。

そんなせんけすは暗殺教室とどこか似ていてパクリ?と思わせるストーリー設定に注目が集まっているようです。

せんけすは暗殺教室のパクリ?の理由


せんけすのタイトルでもある「先生を消す方程式」は、海外から見ると似たようなタイトルになってしまうようです。

まるで暗殺教室そのままのようなタイトルになってしまいますね。

では、タイトル以外にも内容も似ているようなので、暗殺教室のあらすじから見ていきましょう。

暗殺教室はどんな内容だった?

暗殺教室といえば、累計発行部数100万部突破した、原作漫画を実写化した映画ですね。

主要キャラクターは、地球を破壊するの力を持つ「殺せんせー」。

そして政府から殺せんせーの暗殺を指示された中学生たちとの攻防がコミカルに描かれる作品になっています。

殺せんせーは、ニンマリ笑顔の丸く黄色い顔を持つキャラクターで、一度見たら忘れられない特徴を持っていますよね!

【あらすじ】

ある日、月の7割が謎の生物によって消滅させられた。

突然現れた超生物は黄色い顔をした「殺せんせー」であった。

殺せんせーは、椚ヶ丘(くぬぎがおか)中学校3年E組の担任をすることになり、「来年の3月に地球を破壊する」と宣言する。

E組の生徒は防衛省から暗殺を依頼され、訓練をすることになり、全力で殺せんせーの暗殺に挑むが、あまりにも並外れた身体能力を持つせいで全然歯がたたない。

そんな殺せんせーは色々な方法で生徒たちに自分を殺させようとする、殺せんせーを暗殺することにやる気を出させるように。

そんな殺せんせーは生徒に多大な影響を与え、今までとは違う前向きな学校生活が送れるようになってくストーリー。

暗殺教室のあらすじがわかったところで、せんけすと似ている部分をまとめていきました。

せんけすと暗殺教室が似ている部分まとめ

  • せんけすと暗殺教室のタイトル
  • 先生を殺す、消すという目標設定
  • 先生は生徒に命を狙われるストーリー
  • 生徒は共に3年生である
  • 先生は常に笑顔

後半でせんけすのあらすじも見ていきますが、パクリ?と思われる部分を抽出してくると、以上のような感じではないでしょうか。

生徒は同じく3年生ですが、暗殺教室は中学生、せんけすは高校生です。

せんけすの生徒達は、ワンランク上の巧み技を考え、先生を消す方程式を生みだしそうな予感ですね。

ですが、なかなか面白そうなドラマが始まるので期待できますよね!

せんけすタイトルの意味や原作のあらすじ内容を調査!


せんけす(先生を消す方程式)タイトルを見るとなんとも意味深です。

このタイトルにはどんな意味が含まれているのか気になりますよね。

合わせて、せんけすの原作やあらすじの内容も一緒に見ていきましょう。

せんけすの原作は?

せんけすの脚本を手がけるのは、日本のTV業界に影響を与え続けているヒットメーカー鈴木おさむさんです。

完全オリジナル脚本となっているので、原作はない作品なんですね!

せんけすは、オリジナル脚本と考えると暗殺教室は原作漫画がある分、ここで違いが出てきますね。

この作品の主人公となるのはドラマで引っ張りだこの俳優、田中圭さん!異様な雰囲気を放つ義澤経男(よしざわつねお)という高校教師を演じます。

そんなせんけすはどんな内容のドラマとなっているのか、あらすじを見ていきましょう。

せんけすのあらすじ

せんけすの舞台となるのは、東大進学率が最も高い進学校。

いつも笑顔の教師VS高IQの生徒たちのバトルが繰り広げられます!

【あらすじ】

都内の進学校“帝千学園”の中で、特に3年D組は成績優秀者が集められていた。

しかし、そんな3年D組には問題があった。

常に担当になった教師は皆、短期間でメンタルを蝕まれ、退職…を繰り返す。

このクラスでは、大人を追い詰めるゲームが繰り広げられ、それが生徒の中での楽しみとなっていた。

完全犯罪に近い形で、自らの手を汚すことなく担任を潰していく――。そんな闇深き高偏差値クラスに、田中演じる・義澤経男(よしざわ・つねお)が、新たにこのクラスの担任となる。

笑顔でいつもニコニコしている義澤。 

生徒が意地悪な発言や質問をしても笑顔で答え、さらに、生徒から物理的に攻撃されて怪我をしても何故かニコニコ笑顔を絶やさない。

この先生はただ者ではなく、生徒たちのプライベートな情報を何故か熟知。

一方で、生徒たちの行動はエスカレートしていき、義澤を殺す計画を立てるが――

義澤はなぜ、この学校に現れたのか!? 義澤は生徒たちが仕掛ける罠を、いつまで笑顔で耐えていくのか!? 学校という閉ざされた空間で、教師と生徒がバトルを繰り広げていきます。

(参考サイト:先生を殺す方程式

せんけすのストーリーを見ると、先生をもて遊んでいる生徒たちが、恐ろしく感じますね!

暗殺教室での生徒は、政府から暗殺を命令されて殺そうとするので、ここでまた相違点があることがわかりますね。

では、せんけすのタイトルはどんな意味が含まれているのか見ていきましょう。

せんけすのタイトルの意味は?

せんけすのタイトルの意味を考えていくと、「先生を消す方程式」となっているので、数式の方程式を解くような感じで、生徒が先生を消しにいくような意味が含まれていそうに感じますね。

なんせ高IQの生徒たちが集まっている教室なので、あらゆる手をつかって確実にダメージを与えていくような感じです。

高校生ともなると、大人よりも頭がキレるので、どんな技を使って義澤経男と戦っていくのか見ものとなりそうです!

逆に、先生である義澤経男が生徒たちを方程式のように攻略していく、という意味も含まれていそうですね。

最終的に生徒たちにどんな影響を与えていくのか、先生である義澤経男はなぜ教師になったのか明らかになっていくと思います。

先の見えない学園サスペンスドラマであることは間違いないので、毎回ハラハラした展開を見せてくれそうで期待ができますね!

せんけすについてのみんなの声

せんけすについて、視聴者はどのような期待の声を寄せているのでしょうか。

早速見ていきましょう!


 


 


人気俳優の田中圭さんが主演だけあって、ドラマへの期待度は高まる一方のようですね!

田中圭さんみたいな先生がいたら皆さん学校へ通いたくなるのでは?と思いました~^^

まとめ


せんけすは暗殺教室のパクリ?か調査していくため、タイトルの意味や原作あらすじの内容を見ていきましたが、いかがでしたでしょうか。

確かにせんけすと暗殺教室は似ている部分やパクリかな?と思われるような部分がありましたが、原作漫画がある暗殺教室と、オリジナル脚本のせんけすとはまた違ってくる部分は多く出てくるのではないでしょうか。

タイトルの意味やあらすじを見ていくと、違う点もあったので、せんけすにだけ見られるドラマが期待できそうですね!