2020ドラマ

危険なビーナス吉高由里子のメイクが派手?オレンジのラインがかわいい!

この記事では、危険なビーナス吉高由里子のメイクが派手?オレンジのラインがかわいい!と題してお届けしていきます!

東野圭吾原作のドラマ「危険なビーナス」謎の女性を演じるヒロイン役として、吉高由里子さんが出演していますね。

ドラマ中の吉高由里子さんは、今までのイメージとは違う濃い目のオレンジのラインがお目立ちしている気がします。

そんな吉高由里子さんのオレンジのラインメイクについて、派手?もしくはかわいい!など、視聴者の反応はそれぞれ違う様子!

そこで今回は危険なビーナスの吉高由里子さんのオレンジメイクについて調査!

メイクで雰囲気が変わった吉高由里子さんに、視聴者は派手と感じたのか、かわいい!と感じたのか見ていきましょう。

危険なビーナス吉高由里子のメイクが派手?


ドラマ危険なビーナスで吉高由里子さんのメイクが今まで以上に派手に感じる!という視聴者が多数いるようですね!

どんな女優でもドラマの役作りのために、雰囲気を変えていきますよね。

危険なビーナスの吉高由里子さんはどんなメイクをしているのか、その画像やみんなの反応を見ていきましょう。

危険なビーナス吉高由里子の顔画像

危険なビーナスで謎の美女を演じる吉高由里子さん。

目元のメイクが派手に感じる方もいるようですね。

そんな吉高由里子さんのメイクがわかる、顔画像を集めてきましたので、早速見ていきましょう!

オレンジメイクがかわいい?

ドラマ危険なビーナスでの吉高由里子さんは、アイホール全体にオレンジ色のアイシャドウを使っているようです。

オレンジブラウンと言ってもいいかもしれませんね!

近年オレンジメイクはトレンドでもあります。

秋ごろから冬にかけて、女性のメイクはブラウンやダークブラウンで暗くなりがちですが、オレンジをいれることによってパッとあか抜けたような印象になりますよね。

オレンジメイクは吉高由里子さんの白い肌にもよく映えていると思いますが、視聴者の皆さんはどのように感じたのでしょうか。

みんなの反応は?

 


吉高由里子さんのイメージが違うせいか、濃い目のメイクにびっくりした視聴者もいた様子!

ドラマの役作りのために、キツイ女に仕上げるためにこのような、派手目なメイクとなったと感じますね。

危険なビーナス吉高由里子は原作のイメージと違う?


危険なビーナスの原作は、数々の名作を世に送り続けている小説家の東野圭吾さんです。

危険なビーナスで出演している吉高由里子さんは、謎の女役ですが、イメージと違う部分がある!という視聴者の声もありますね。

そんな危険なビーナスの原作は、吉高由里子さんとギャップがあるのか見ていきましょう。

危険なビーナス原作の楓は?

危険なビーナスで登場する主要人物の楓は、謎の美女という設定です。

主人公の伯朗(妻夫木聡)に電話突然かけてきた楓は、伯朗の異父弟である明人の妻であることを名乗り、主人公を徐々に魅了していくミステリアスな女性ですね。

そんな楓を演じる、吉高由里子さんの演技に賛否があるのは「美女」と吉高由里子さんが、かけ離れていると感じるせいもあるようです!

ミステリアスかつ美女!というと、吉高由里子さんという感じではなく、どちらかというと可愛いイメージの方が強いようですね。

イメージというのは、どうしても女優に根付いてしまうので、イメージを拭うような演技をしなきゃならないとなると大変です。

ドラマ危険なビーナスと原作のイメージが違う?

同時に、ドラマで繰り広げられるコミカルな演技に視聴者は戸惑いを隠せない様子です。

危険なビーナスはミステリー小説なのに、原作小説とはかけ離れた、演技も混じってくるので、ここで視聴者が混乱してしまうようですね。

うまく楽しむためには、小説とは違う楽しみがある、もしくは「ドラマ」だから、と線引きをした方が良いのかもしれませんね。

危険なビーナス吉高由里子についての声

危険なビーナスで楓を演じる吉高由里子さんについて、視聴者の声を集めていきました!


 


 


原作を読んだ方は、特にイメージが違うと感じるようですね!

吉高由里子さんの演技がかわいい!という声も多く寄せられていました。

まとめ


危険なビーナス吉高由里子さんのメイクが派手?なのか調査していきましたが、いかがでしたでしょうか。

派手と感じる方もいる中、オレンジのライン、オレンジメイクがかわいいという声も多く寄せられていましたね!

役作りのため、濃い目のメイクに仕上げたのかと思いますが、今までのかわいいイメージの吉高由里子さんとはまた変わって、新鮮だなと感じました!

危険なビーナスで吉高由里子さんは、謎の美女役を熱演しています!

気になる方は是非ドラマをチェックしてみてはいかがでしょうか?